シンプルに断定する。

先日、販売店の専務さんに、新型車の商品性についての取材に行った。
目から鱗が落ちた。
おっしゃった内容は、オーソドックスだったが、とても説得力があり、聞きていて気持ちが良かった。聞いていて気持ちの良いプレゼンって、なかなか無い。
・現場を熟知する販売店の重役という存在感というかパーソナルブランドのような雰囲気
・とても整理されて、ロジカルな内容(きっと取材前にしっかり考えられたことが伝わった)
・そして何より、シンプルな結論。それを断定する語り口
日頃の企画書作成でせこせことロジックの順番や、フォントや色を気にして時間かけてる自分がとてもアホに感じた。
企画ってもんは、中身の新規性以上に、
シンプルでふむふむと感じる伝え方が重要なんだと痛感。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です