読書記:中島孝志著「キラー・リーディング」

アマゾンでの評価が良かったのでなんとなく購入。
表紙にもある「速読×多読×省読」が、大きな訴求点。
・本を読むこと自体が目的ではなく、
・最初から何らかの目的意識を持って読むことで、
・欲しい情報をインプットするスピードも格段に早まる
・インプットした情報は、実践、活用というアウトプットをしてナンボ。
上記のメッセージは自分自身では理解していることだから新鮮なコトバではなかったが、再確認として定着できたのが成果かな。
ただ、話が横にそれることが多く、多少読みづらい感はあった。

ユーザレビュー:
1時間で読んでみたが …
本の整理術読んだ本を …
「知的生産としての読 …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です