声を相手の耳に置く感じ

自分は、声が小さく聞き取りづらいと思われることが多いので、仕事では特に意識して大きい声を出しているのだが、いまいち「声が届いているのか」「届いていても伝わっているのか」不安なことがある。
で、
今日、一人で散歩していてふと気づいた。
いつもは、声を張る時は、「相手に聞こえるように、声を大きく出す」=自分のノドに意識を集中してる!と。
意識が、「届けよう」よりも「とにかく声を張ろう」に向いていると。
そうではなく、あくまで相手に届けたいのだから、意識を相手の顔、とりあわけ相手の目を見ながらも、相手の耳に自分の声を置く感じ、にすればしっかり届いて「伝わる」まで行き易いのではないか、と気づいた。
何をいまさら、って感じだが、自分自身でこのことに気づけたのは、ちょっと大きい。
振り返ってみると、打ち合わせとかでも「相手に聞こえるような独り言風発言」をしていることもある。
これは、まったく聞こえているが、相手の心には届いていない。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です