読書記:柳井正監修「ユニクロ思考術」

図書館で「借りてください」っていう顔をしていたので、借りる。
素敵な上司に教わった「フォトリーディング」をしてみる。効果は未知数(東京ダイナマイト風)。。。
季刊誌「考える人」(初めて知った)の連載を編集したもので、ユニクロに携わる社内外のメンバーの仕事記。
ユニクロ社員に共通する「ユニクロイズム」のような共通思考があるのかと思いきや、見つからなかった。。。
結構自分と同じ世代の人が取り上げられていた。みんな経営者視点持ってて、とにかくグローバル。
ところでユニクロは、インナーでは重宝しているが、アウターで着る服は今だに今イチなのは、なんでだろう。
ブランディングは成功してるし、商品の機能的な価値はすごいのに。商品のデザインはやっぱり今イチ。
でも今イチであることをついつい忘れる魅力があったりする。

ユニクロ思考術
新潮社
柳井 正
ユーザレビュー:
イメージ戦略の格好の …
ベクトルをまとめるユ …
成功の舞台裏・・・い …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

One Reply to “読書記:柳井正監修「ユニクロ思考術」”

  1. 名言に学ぶ-柳井 正-

    「致命的にならない限り失敗はしてもいい。やってみないとわからない。」「失敗を恐れてはいけない。失敗にこそ成功の芽は潜んでいる」変革の時代には新しいことに挑戦しなければ何も変わりません。失敗を恐れず新しいことに挑戦しましょう。そして失敗したらその原因をきちんと解明して次の成功につなげましょう。------------------&#45…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です