大前研一著「日本復興計画」

自分自身が頼みの綱と覚悟を決める。そうしなければ、この日本も元気になり得ず、復興もあり得ない。
このフレーズがこの本の結論であり、読者への強いエール。
「自分自身が頼みの綱と覚悟を決める。」っていう強いフレーズは、震災を経た今だからこそ素直に受け入れることができる。生存本能が心地よく刺激された。
以前だったらちょっと大袈裟な言葉と感じたはず。。。
震災を経て、「自分ごと化する範囲」が広がったと思う。社会全体とは言わないまでも当事者意識をもって接する情報は確実に増えた。これは誰もがそう感じてることだよね。
こういうマインドがホットなうちに次の一手を考えねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です