京井良彦著「つなげる広告」

伝えるから、つなげるへ。
企業と生活者の関係性の話。一方通行の広告で引っぱりこんで終わり、ではなく
企業と生活者がつながり(もちろん繋がる理由があって)、そしてずっとつながりつづけるっていう。。
これまで広告なんかせず繁盛を続けるお店にとっては、当たり前のことすぎて何言ってんですか?って感じだろな。
でも大量生産、大量消費社会がちょっと変わってきて、
ソーシャルメディアが出てきて(距離を超えてつながれる。距離を超えてお客様候補とお近づきになれる)
結局、広告が発展する前の時代に戻った。越後屋とかの時代に。。
だから、「これからの広告」を考えてみるとき、
それは、自分が商店街の一角のお店を始めたとして、さてどうする?
って思い描くことと近しい気がする。
周りに軒を並べるのも同じ事業主。隣のお店の人はお互いお客さんにもなる。そして、商店街を通るたくさんの人々。
いきなり拡声器使って商品名連呼しないよね?さてどうする?
悲しい顔してたら誰も近寄ってこないけど、無理な作り笑顔はバレるよね、続かないよね、うざいよね。
まずは通行人と、何気ない会話をすることなのかな。共感を得なきゃね。そしてゆるくつながってからが本番よね。
一緒に幸せになりたいよね。
そうかんがえると、やっぱ広告=人格、だね。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by つなげる広告 共感、ソーシャル、ゲームで築く顧客との新しい関係性 (アスキー新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

One Reply to “京井良彦著「つなげる広告」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です