走行中もテレビが見れてナビ操作できるやつ。

中古で買ったスズキのイグニス。
ナビが付いた車を買ったのは初めてで、
ましてやTVまで付いてる。

ナビもテレビもそんなに見ないから
別にどうでも良いやと思いつつ、
付いてたら付いてたで、意外と見たくなるもの。
でも、純正なので当然走行中は画面は消える。

これまでは走行中にTV付けてるクルマ見かけたら、
うわ、あの車危ねーし、と思っていたが、

いざ自分のクルマに付いてると、
走行中も見れたほうが、家族で遠出の時は便利なあなと。

ということで、お店にお願いするのも工賃がもったいないので、
楽天でパーツを購入、自分でやってみることにした。

走行中にテレビ&DVDが見れて
ナビ操作もできるハーネスキット。

ナビ外してからのハーネスの取り付けとかは
簡単だけど、

そこにたどり着くまでの、諸々の取り外しが面倒だった。

かつ、
手順を間違えると意外と面倒くさいなので、
誰かのために、一応ポイントをまとめておく!

買ったのはこれ。税込4,500円。
探せばもっと安いのあるけど、なんとなく
ちゃんと品質確かっぽい、この商品を買う。

 

 

 

 


まずはボンネット開けて、
バッテリーのマイナス端子を念のため外しておく。


続いて、ナビ外し。
2つのフレームは頑張れば手で外せる。
そしてナビ本体を外すには、10センチほどの奥まで届く、
長めのプラスドライバーが必要。


次はエアコン操作パネルを外す。
なぜこれを外すかというと、
ナビ操作をする際の付属のON/OFFスイッチを、
純正スイッチ類の空き枠に入れ込むためには、
このエアコン操作パネル部分を外さないと作業できないから。

外すエアコン操作パネルとは、これのこと。

下の写真がエアコン操作パネルを下から覗いた写真。
この2つのネジを取れば、エアコン操作パネルが外れる。


続いて、ON/OFFスイッチを取り付けるスイッチの空き枠外し。
エアコン操作パネルを外したことでポッカリ空いた部分から
手を突っ込んで、その下のスイッチ部分に手を回して、
指をこちょこちょして、スイッチカバーの
裏側のツメを押さえて外す。これムズイ。手痛い。

下の写真のように無事外れました。


次の手順が大事。
この穴の空いたスイッチカバーとボタンを先に取り付ける。
このカバーをコードの末端(コネクタ側)から通して、
付属のプラスチックナットに挟み込んで固定する。

下の写真が固定した写真。これを先にやらずに
ナビ裏のハーネスキット取り付け作業を
先にやってしまうと後で面倒になることに気付く


いよいよナビを外して裏側のハーネスキット取り付け作業。
まずはダラ~んと垂れてしまうナビ本体でインパネを
気づ付けないように養生をしてみた。
これ結果的にやっておいて良かった。


ハーネスキットのはめ替え。
写真に写っている水色のコネクタの下にある白いコネクタを外し、
付属のハーネスキットにはめ替えるだけ。
次にハーネスキットとON/OFFスイッチのコネクタを繋げる。
この辺は説明書通りにやればカンタン。


緑色のハーネスを横のネジに取り付ける。
これも説明書通りにやればカンタン。


あとは、取り外したものを、もう一度取り付けて完成!


一応、ちゃんと作動するか、すべてのネジを取り付ける前に
走行チェックしてみた。

ということで、
作業はカンタン。ON/OFFスイッチの取り付け手順が大事。

試行錯誤したので1時間半かかっちゃったけど、
要領分かっていれば、実働30分もかからない作業。

 

これで快適テレビ生活。
決して、走行中はドライバーは見ませんけどね!w

走行中のドライバーのTV視聴はほんと危険なので絶対禁止ですよー

カテゴリーCARS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です