奮発して買ったテンカラ竿

今夏、「テンカラの鬼」榊原正巳さんに、
べったり鬼塾でお世話になった。
そのときの話はまたあらためて。

そのときに、試しに振らせてもらったのが、
この「鬼竿タイプⅢ

この、テンカラの師匠がプロデュースした珠玉の逸品を
奮発して買ってしまった。

とにかく一番の特徴は、
今までの竿が何だったんだ、というくらいの軽さ。

マジびっくり。どれだけ振っても疲れない。
1日釣りしていれば、数百回は竿を振ると思うから、
軽い、疲れない、というのは最重要。

疲れないから、振る回数が増える。
疲れないから、釣りの時間が長くなる。
長い時間、たくさん竿を振れるのなら、
すなわち、魚が釣れる可能性も高まる。

それに加えて、操作性が良く、左右にブレづらい。
やや重めの4~4.5号のレベルラインと合わせて使っていて、
狙ったところにピンポイントに毛鉤を運んでくれる。
狙ったところに届けば、
すなわち魚が釣れる可能性も高まる。
(狙いが正しければww)

だからこの竿は、魚が釣れる可能性を高める竿だ。

長さは3.4mの胴調子。
今まで使っていた3.6m先調子の竿と比べると、
胴調子の分、短さを感じさせず、
毛鉤を楽に遠くに運べるようになった気がする。

一方、仕舞寸法60.5cmで、僕が持っている中では一番長いから、
川への出入りで、崖を昇り降りする時には少し負担になるけれど、
気になるほどではない。

あと、買う前にちょっと気にしてたのがグリップの素材。
EVAという硬質ウレタン素材になっていて、
思ったよりも滑らないから、とても握りやすい。
水にも強そう。使い終わったあとは軽く水気を拭いておけば、
そう簡単には劣化しなさそうな気配。

まあ、見た目はコルクのほうが好きだけど。。

と、ここまではベタ褒めだけど、唯一にして最大の欠点がある。

それは、

この竿を使い始めると、他の竿が使えなくなること。

大問題である。
というくらい、結局ベタ褒めである。

ご購入はこちらから!
テンカラの鬼ショップ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です