福井県・勝山市の滝波川でテンカラ

うちの息子がはるばる愛知県から
毎週通っている学校の
すぐそばを流れているのが、
福井県勝山市を流れる、滝波川。

うちの息子が通っている学校
かつやまこどもの村中学校

なので、運動会や卒業式や終業式とか、
年に何度か学校に行くとき、
ついでに釣りをする父親w

よくよく調べるとこの川、テンカラには悪くない川だった。
まさか学校のそばにこんな川が流れているとは。

滝波川は、勝山市中心部で本流に合流する、
九頭竜水系の川。
九頭竜川といえばサツキマスで有名だし、
上流に行けば、石徹白川や打波川もある。
だから魚が居ないわけがない。

勝山市漁協
の情報によれば、恐竜博物館のやや上流、
薬師神谷橋・変電所あたりを中心に、
その上流が徐々に魚影が濃くなる、
とのことだが、、、

僕がエントリーした杉山橋付近では、
アタリはあったが釣れるのはオイカワなどの雑魚ばかり。

こんな感じであんまり水深もなく、
水もそれほどキレイでなく、ちょいとツライ。

もっと上流、息子の学校のある北谷エリア、
下の写真は木根橋の放水溝付近。

この少し上流からエントリーしたら、
すぐ釣れた、20cmほどのイワナ。

あんまり放流もしていないと思うし、
禁漁間近の9月だったので、まあこんなもんかな。

透明度のある淵では、それなりに魚影あったし、
落差のある瀬も多く、釣れそうな雰囲気はあるので、
次回はもう少し時間かけて丁寧に釣りあがりたい。

さらに上流に行くと、
解禁期間がごく短い「小原地区」がある。
来年はここにチャレンジしよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です