大山泰弘著「『働く幸せ』の道」


日本理化学工業という
チョーク製造販売会社、会長の著書。

なんと社員85名のうち、63人が知的障がい者。

 

人に愛されること
人に褒められること
人の役に立つこと
人から必要とされること

働くことによって愛以外の3つの幸せは得られる。
でも、働くこととは、その愛までも得られると思う、と著者は語る。

たとえ障がいがあっても、
社会の繋がりの連鎖にきちんと加えてあげる。
そうすることで、人はイキイキと生きられる。

とかく、現代の仕事観は、他者への貢献よりも自己実現の手段、とされがち。
でも、そもそも「社会貢献」という言葉だって決して無償のボランティアではない。

労働して生み出す価値こそが社会貢献であると、あらためて感じさせてくれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です