読書記:勝間和代著「ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」

フレームワーク好きの自分にとっては、たまらない本だ。
ここ数年、自分自身「フレームワーク」を常に意識して仕事頭を回しているおかげで、かなり以前より思考力が速く、正確になっていることを感じる。
野球やゴルフには正しいゴルフスイングがあるように、頭の使い方にも正しいフォームがある。
ムダの無い効率的な頭の使い方、といったところだろうか。
しかし、ベストセラーって、何万冊くらい売れるんだろうか?
ビジネスマンの何%がこの本を手に取るのだろうか?
こんな本が売れちゃうと、ビジネスマンみんな成長しちゃうじゃない。ちょっと悔しい!困った!って感じ。
■水平思考力(ラテラルシンキング)
・・・新しい切り口を見つけるアイデア力だと解釈したが、その術が体系化されてて素敵。これすぐ実践。
・・・前提を疑う、新しい見方を導入する、積極的に組み合わせてみる
■失敗には3種類ある
・・・一度犯した失敗を、過信により再度失敗すること
・・・はじめての失敗だが、無謀にチャレンジしてとりかえしの付かない状態になること
・・・失敗を恐れて動けず、結果として状況が悪化し失敗になってしまうこと
→先日の堀さんのコトバが再度頭をよぎる。「成功の反対語は失敗ではなく、『何もしないこと』だ」
■人に対する話は、よほど工夫しないと伝わらない
・・・言語力、数字力、視覚化力の必要性
■数字は何も左脳のためのものではない。相手の感性にシンプルに訴える、有効なコミュニケーションツールである
・・・なるほど!
■起きたことはすべて正しい。相手の戦略が分からないときは、まずは信頼で返す
・・・ポジティブ思考が生む偶然力

ユーザレビュー:
惜しげもなく披露して …
体系的にビジネス力を …
体系的にビジネス力を …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

読書記:東国原英夫著「芸人学生、知事になる」

恐れ入りました!!
これ読んだ感想。今まで自分が知っていた「そのまんま東」は、ほんのごく一部の、本質ではない彼を見ていただけなんだ。「そのまんっま、ス~パ~、ガ~ド」の変なCMは、あれなんだったの?
・人生いつでも再構築できる
・月間400kmの走行目標(わお、自分の4倍)
・生活習慣レベルを下げる勇気
・超多忙を続ける意志
・壮にして学べば老いて衰えず
・勉強と走ること、に集中特化
・決めたテーマを一定期間で学んでいく
まあ、とにかくすごいわ、この人。奮い立ちました。
あと、あらためて感じたこと。
いろんな人の本を読んできて、まったく目から鱗の考え方とか生き様って、そうそう無い。
成功を収めて本を書けるまで昇りつめた人と自分との差、それは実行したかしてないか、それだけ。
ほんと、それだけ。

ユーザレビュー:
壁にぶち当たった人間 …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

読書記:勝間和代著「利益の方程式」

一応、買った。
ベストセラー続きなので、タイトルの付け方にちょっとキャッチーさが無くなったように思う。
ひねらなくても名前で売れるステージですな。そんなことはどうでもよいか。
【キャッチーポイント】
■利益=(顧客当たり単価ー顧客当たり獲得コストー顧客当たり原価)×顧客数
→変動費、固定費を用いた限界利益の考え方ではなく、シンプルに身近にしてて分かりやすいです。
■日本の少子化を甘く見てはいけない
→売上=消費額×人数。人口が25%減なら、売上もそうなるよ。
■利益の源泉は他社が追いつくまでの時間的余裕である
→あいかわらず、分かりやすく本質をついてくれるなあ。
■日本人の労働生産性は低い
→このデータはじめて知った。驚き。こういう時のデータってたいてい北欧が優秀なんだけど、なんで?
■成功というのは、仮説→実行→検証を成功するまで続けること
→おっしゃるとおりです。胸に刻みます。
■顧客の価値につながることには徹底的にコストをかけ、それとは無縁のことには徹底的にコストをかけない
【読み終えて】
■適切な利益確保がマクロ視点で、ワークライフバランスを適正化し、豊かな社会をもたらす。勝間さんが常日頃メッセージされていることを実感。
■「差別化」が大事。今さら何万人といる資格の世界に飛び込んで、利益でるのかい?

ユーザレビュー:
エリート志望者たちの …
利益の概略把握とどう …
利益を生み出すのは容 …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ