おみくじは大吉が出るまで引けばよい。

MTG社長、松下剛さんのお話の続き。
前の記事はこっち↓
頭数より、こころ数

松下さんは、
人を惹きつける魅力的な人間性や、
圧倒的な行動力もさることながら、

経験したことを抽象化して、
しっかりと学びとして
落とし込む能力が高いなあと感じた。

子供の頃の原体験を、
しっかりと経営の原理原則に昇華させている。

例えば、

■パンダうさぎの法則
子供の頃のうさぎ販売のとき、
家で余っていた材木で小屋を作ったら
飛ぶように売れた。
うさぎ小屋が一番欲しくなるのは、うさぎを買った時。
そのときに、「セット販売の大事さ」を学んだ

■五右衛門風呂の法則
子供の頃、風呂沸かしの当番のとき、
プロモーション戦略を学んだ。
~まずは、火のつきやすい小さな木から燃やす
~そして消えにくいマキを準備する
~タイミングよく安定した火になるよう炭を準備する
~急ぎの時は、着火剤。でもコストがかかる

とか。

あと、面白いと思ったエピソードは、

松下さんは
毎年、おみくじは必ず大吉が出る!とのこと。
なぜなら大吉が出るまで引き続けるから。

もし大吉が出なければ、別の神社に行く。
それでも、もし出ないなら
最悪、自分で神社を創ればよい、と。

おみくじは1回しか引けないと
決まっているわけじゃない。
固定観念などいらないし、
目的のためならどんな方法論もあり。

その感覚のスケール感がすごい。

マドンナやクリロナを商品開発の段階から
起用できたのも、
社長自らが断られることが当たり前と思って、
何度も飛び込んでいく。

社員感謝祭で、何度断れてもゲストに
ドリカムを呼んだ。

最後には、オリジナルの曲を作ってくれたようで、
社員が楽しく歌えるようDAMに交渉し、
カラオケの背景映像は独自映像にしてもらったと。

普通、そこまで考えないよなあー。
そこまでやらないよなー。
思考のスケールが違う。

1回断られて諦める人
3回まで粘る人
10回でも諦めない人。
断られるのが当たり前と思って、
何度でもチャレンジする。
ここに差が出る。

有言実行は精神論ではない
言い続ければ、染み込む

夢は1兆円企業だそうで、

売上1兆円プランを、
常にポケットに入れているそうだ。
年率成長を3パターン考えて、いつ実現するかを。

考え方×熱意×努力

人間のサイズ感がほんと違う!
と思ってしまうけれど、
夢をもって、当たり前のことをちゃんと行動して、
行動から学びに変え、さらに行動する、という
実は、地道な行動の積み重ねだなあ、と感じた。

頭数より、こころ数

リファやSIXPADでお馴染みの
MTGの松下剛社長の講演を聞く機会がありまして、

もう圧倒的な人間力と言いましょうか、
スケールが違います。

長崎の五島列島で生まれ、
四男坊として育ちますが、
11歳のときに、実は自分が養子だと分かり、
血のつながっていない両親に負担はかけられないと、
自分でお金を稼ぐという意識が芽生えたそうです。

小中学生の頃から白黒の「パンダうさぎ」を販売するなど
根っからの商売気質を発揮して稼いでいたと。

そのような、持って生まれた能力もあったのでしょうが、
23歳で起業され、ピンチの連続の中で、
ここまで会社を大きくしてきたのは、

社員を家族のように大切にして、
周囲の人とも温かく接し、
多くの人に助けられ支えられたからと、
仰っていました。

また、マドンナとともに、
アフリカを訪問し、
マドンナが作った病院を見て回る中で、
アフリカの子供たちの屈託の無い笑顔を見て、

ずっと会おうとしなかった実の母親と面会したそうです。
生まれた自分をすぐ手放したことを責めるでもなく。

家庭が貧しく、むしろ中絶を考えていたが、
最後の最後に天の声で、中絶を止め産むことにしたと。

その天の声がなければ、松下さんは自分が生まれてさえ
いなかったわけで、そんな話を聞いて、ちょいとウルっときました。

とにかく、社員や部下を
弟や妹さと思って、
一人一人をしっかり見る。
その覚悟。

松下さんは、当時の部下一人一人の
生活や借金や夢をすべて語り合って把握していたと。

経営者だろうが、会社員のマネージャーだろうが
人の上に立つことは同じ。

頭数より心数。

人数が揃っているだけではだめで、
どれだけ、同じ方向を向いて心を通わせることができる
仲間を作れるか。

経営で見続けるべき大事な3つのこと

・自己資本比率
・経常利益率
・そして、社員一人一人の顔

この3つ。

佐藤雅彦さんの素敵なインタビュー。

さいきん、広告=表現=教育、という分野のつながりをすごく感じる。
というか自分がそういう意識になっている。
そんな中で佐藤雅彦さんの、このインタビュー。
刺さりました。
——-
どうやったら、それが伝わるか。それだけを考えている。
目指しているのは、「分かってしまうんだけど、新しい」と思ってもらうこと。
これは見たことが無い、と言わしめることをを常に探さないと、
視聴者、は受け手のプロ。すぐ見抜かれてしまう。
新しくないと心を動かせられない。
常にジャンプを探している。
自分は、作り方を作る、のが好きなんだと分かった。
作り方を作ってから作れば、作ったものは必ず新しいものになる。
studyの語源はラテン語の「studious」=夢中になる。
本来、勉強とは夢中になること。
何かひとつのことに夢中になった経験があると、
熱中して、自分のやりたいことに到達できる。
体裁だけ、見栄えだけ整えることをしない。
そして、面白い面白くない、すごいすごくない、の判断がつくようになる。
本当のものを見つける力が身に付く。