猿投山トレイルラン

長久手にあるうちのマンションの窓からは、猿投山がドーンと見える。
東に向いた大きなリビングの窓からは、毎朝、気持ちの良い朝日が猿投山から昇ってくる。
リビングの窓から猿投山をボーっと見るのが好き。
紅葉もいい頃。
ということで猿投山に走りに行く。
猿投山登って猿投温泉に下りて温泉入ってバスで藤が丘に戻ってくるっていう素敵なプラン。
まだ薄暗い朝6時8分藤が丘発のリニモで八草まで。
八草駅から走り始め、海上の森の入口へ。
山の入口はプレイパーク的なところ。
未舗装道を入っていくルートもあるが、いきなり山道になるこっちを選ぶ。

画像

この場所は学生時代に日雇いの地質調査のバイトしたときに通った場所。
1996年だったから、愛知万博候補地として海上の森が話題になり始めたころ。
地域住民に何か聞かれても、、万博に関係しているかどうか私たちにも分かりません、と答えるように、と
指示された変な記憶がよみがえる。
工事用の小さなモノレールに荷物と一緒に乗っかって森の中に入っていった。あのバイト楽しかったな。。
さて、走り出す。
いきなり、山道に寄り付くのに迷う。
ここは前回来たときも迷った。
森に入ってすぐの広場的な場所には、
左のがけを上る道、右のがけを上る道のほうが目立つんだけど、正面に向かってまっすぐ上る。
そうするとこの紙看板が見える。

画像

さっそく細い山道が始まる。走りやすいトレイル道が続き、
途中、五輪塔や五差路を通過、五差路のところは一瞬迷う。このY字を右へ。

画像

途中、一瞬広い道に出て、すぐまた登山道へ。

画像

途中急登もあるが、いい感じの距離で物見山に。八草駅から40分ほどで到着。
ここからは我が家のマンションが臨める。ちょい休憩。

画像

頂上を過ぎてすぐ。2又に分かれる箇所が連続するが、どちらも右側へ。看板が無い!

画像

物見山から赤猿峠まではそう少し看板とか整備されてたほうが良いなあ、、
途中、一旦谷を下るところとか、道を見失いそうになる。木の枝の赤いインクが目印だったり。

画像

登りがきつくなる。ほとんど歩く。
高圧線の鉄塔のともとに、北方向の景色が開けた場所がある。
下を走る東海北陸道、赤津インターがまじかに見える。
ちょっと雲が多く御岳は見えない。

画像

しばらくして赤猿峠。
ここからは東海自然歩道なのかな?
旧に看板とか道の整備がされていて走りやすい。

画像

この階段の昇れば山頂か、というトラップが二度三度あり、ようやく山頂へ!
猿投山、北方向以外は林に囲まれていて眺望がありません。。。

画像
画像

ゆっくりせずすぐ下り始める。
なぜなら温泉発藤が丘行きのバスが10時発だから。
早く下りないとゆっくり温泉入れない。。。
赤猿峠までくだり、谷を南に下がり、未舗装路に合流。

画像

激しい凹凸のあるモトクロスバイクが通る道をしばらく走る。バイクの爆音が聞こえてきたから道を隅に退避。突然現れると怖いな。。

画像

3キロほどこの道を走り、一旦山道に外れ、しばらくすると猿投温泉の看板が現れる。

画像
画像

そして猿投温泉にゴール。ちょうど八草駅から15キロ。

画像
画像

猿投温泉は、バスタオル&タオル付、普段は1,500円だが朝なら朝食付きで1,200円ということでラッキー。
到着したとき9持20分。
ささっと温泉入ってささっとモーニング食べて、10時発の藤が丘行き無料バスに飛び乗る。

画像

家に戻ってもまだ昼前!なんか得した朝。

画像

八曽山プチトレイルラン

明日は完全なる秋晴れのはずだから、トレイルランに行こう。
固く心に決めて寝た。そして、起きた。
11月3日の祝日。
行こうと思ってたのは、中央道を走っていると、恵那・中津川あたりで明らかに恵那山よりも存在感のある山、「笠置山」。
で、いろいろ調べたら、ずっと階段が続く、見通しが良くない、などあまり走りに向かないかなと思って断念。
ということで、もっと近くで気になってるエリアのひとつ、犬山の八曽山周辺にいくことにする。
「八曽もみの木キャンプ場」
小牧東インターを降りて犬山方面に行くとき、よくみる看板。
たぶん、名古屋近郊で最も近くにあるキャンプ場かもしれない。
だから気になっていた。
入鹿池に流れる小さい川にかかる赤い橋を渡ったところで車を停め、スタート。

画像

前日は雨だったから、地面の湿気が太陽に照らされて蒸発してできる朝もやがとてもキレイ。

画像

キャンプ場に続くアスファルトの道を2km弱走るとキャンプ場に到着。

画像

11月だけど一応営業期間みたい。お客さんいないけど。

画像
画像
画像

ここから車両進入禁止の未舗装路が川沿いに続く。
「東海自然歩道」の看板が。
この東海自然歩道って、昔っから時々要所要所で僕の前に現れるのだが、これって何だろ?ずっとこの道続いてるんかな?
あとで調べてみよ。(←調べた。高尾から箕面までずっと続いているすごい道だった。。)
途中怪しい建物発見。地図で見ると、名大地震研究所とのこと。恐るべし名大。

画像

八曽キャンプ場というすでに営業していない廃墟的な場所を過ぎると、山道へ。黒平山頂上を目指す。
途中、それなりの急登もあるが、気持ちよく走れる山道が続く。

画像
画像
画像

途中、景色がすげえ良いところあり。

画像

そして、山道を20分ほど走って、山頂へ。
明治時代に作られたお寺の跡があるようで、石垣やら石像やらがあって、なんとも不気味な雰囲気。
木が生い茂って、山頂の眺めはあんまり。

画像
画像

上ってきた道を戻り、次は「八曽の滝」を目指す。
要所の分岐では分かり易い案内板が必ずあるから目的地さえはっきりしていれば迷うことはない。
深い谷を下り、ほどなく滝つぼに到着。

画像

第一印象、「滝修行するのにぴったりサイズの滝」だと思った。後で調べたら、やっぱり修行で使われていたという言い伝えも。。
やや早い紅葉の風景と気持のよい青空と、かなりのマイナスイオンが充満していたにちがいない。
滝つぼに端を発する渓谷の風景は、愛知県じゃないみたい。

画像

愛知県民にとって、こういう自然の素敵な風景は岐阜県や長野県のものだ、という刷り込まれた観念があるので、
たまに身近にこういう風景があると、若干興奮する。
そして谷を登り、ここ数年で作られたヘリポートにある「パノラマ展望台」に立ち寄る。
ヘリポートからは、さっきのぼった黒平山が真正面に。きれいな形の山だったんだね。

画像

で、その後、最後のピーク「岩見山」へ。
ここからの眺めは、とても気持ちよかった。入鹿池と奥にそびえる本宮山と尾張富士、さらにその奥に広がる濃尾平野。明治村やリトルワールドも見える。

画像

手前にはごつい岩肌の山もある。自宅から車で30分足らずでこんな大自然が広がっているなんて、なんと素晴らしいのだ、と朝から若干興奮が続く。。

画像

そのまま岩見山の急な下り道をへて、整備されたハイキングにぴったり的な遊歩道を通り、八曽もみの木キャンプ場に戻る。
約13km、休憩入れてゆっくり2時間半。
ほどよいアップダウンと走りやすい山道で、気軽にトレイルランが楽しめる、とても良いコースだと思う。
しかも家に戻ってもまだ昼前だったという、とっても有意義な朝の時間でございました。

画像

小牧・白山神社プチトレイルラン

昔っから、遠くにかすかに見える建物がなぜか妙に気になっちゃう性分。
なんでだろうね。
一度気になり出すと、たとえ車を運転していても、ずっと見えなくなるまで見てしまう。
別に建物自体が気になってるわけでなく、「この場所からあそこが見える」という空間の妙が好き。
自分でもよく分からん。
夏になると息子と何度か遊びにくる小牧市民温水プール。
その裏山の頂上に、かすかに展望台のような建物がちらっと見える。
ごたぶんに漏れず、それがずっと気になってて、
きっと遊歩道が整備されている気がして、トレイル的に行ってみたいと思っていた。
5月30日、朝早く起きて、行ってみた。
車を小牧市民温水プール近くの福祉施設の駐車場にと停め、
県道から小さな集落に入り、地図看板にあった「大山廃寺跡」を目指して走り始める。
車道は江岩寺というお寺につきあたる。
その脇道からはじまる延々と続く細い階段を駆け上り、ほどなく大山廃寺跡に着く。
廃寺の跡。つまり線路でいうならば廃線の跡。もう跡形もないよね、普通。

画像

なんもないので、そこから整備された車道を尾根づたいに走り続け白山神社に向かう。
途中、「兒の森」(ちごのもり)という整備された公園を発見。

画像

市が整備した公園らしく、遊歩道が山の頂上を張り巡らしている。
意外と公園の奥が深く、走り応えあり。

画像

ここをぐるぐると2周。ここだけでも楽しいトレイルランが味わえる。道も整備されているし。

画像

入鹿池も一望でき、遠く明治村の汽車の汽笛も聞こえてきて楽しい。

画像

森の遊歩道を一通り走ったあと、そのまま白山神社へ向かう。
やや険しい道が続き、突然鳥居が見えてきた。
遠くから見えていたのは展望台ではなく、白山神社の鳥居だったんだね。
桃花台を眼下に遠く名古屋まで見渡せる景色がほんとキレイ。
しかも鳥居越しに展望できるって、ちょっと不思議な景色。

画像

ちょっと休んで、今度は入鹿池側に下りることにした。
車は入れない車道を駆け下りると意外とすぐに入鹿池の入り口に到着。
ワカサギ釣りのシーズンじゃないし、まだ朝も早いのでボートの数はまばら。
のんびり休憩して、
車道をつたって、途中「ヒトツバタゴの自生地」に立ち寄る。
ここ、自分が小学生のときに家族で本宮山と尾張富士にハイキングに来たとき歩いたなあ、と思い出す。30年前。。。
っで、そのまま車道を走って車に戻る。
14km、気軽なプチトレイルラン、気持ちよかった。朝っていいね。

画像