テンカラを始めるきっかけ

僕は川が好きだ。

海も嫌いじゃないけど、
海派か山派かと言われれば、圧倒的な山派。
だから、山深い渓谷や滝とか、大好物。

燃え盛る緑の葉と、
清々しく流れる川の流れの景色は、
ずっと見ていられる。

もうしばらく行けてないけど、
子供ができるまでは毎年数回、夫婦でカヌーに行ってたこともある。

自分が自然と一体となるような没入感が好き。

そんなこともあって、
ずっと、いつかは渓流釣り、特にフライフィッシングを
始めたいなあ、と思っていた。

けど、道具一式揃えるのはお金かかりそうだし、
息子がまだ小さく、休日に一人で出かけることは
難しかったから、ずっと二の足を踏んでいた。

さらにフライフィッシングには、
どうしてもリバーランズスルーイット的な、
やや鼻につくオシャレ感があって、
そこに、ちょいと抵抗感もあった。

そんな中、ちょっとしたBBQイベントで、
テンカラに触れる機会があり、

小さなオイカワやカワムツが
ポンポン釣れた。

一瞬で「これだ!」と思った。
気に入ったのは、道具のシンプルさ。
そして、なにより「マイナー感。」

自分は人と違うことを選びたいという
偏屈な本能が働く性格なので、
このマイナー感、は、とっても大切。

そして、その数日後には、テンカラ竿を買っていた。