走り記0412

朝、ござらっせ45分。
前日、iPOD+NIKEを購入。はじめて試す。
シューズはいつもの履きやすい靴のままが良いので、Marwareっていう靴紐にセンサーを取り付ける商品を買った。これが意外としっかり固定されて全然気にならない。
走り終わってNIKEのサイトで走行記録をチェック。
サイト上のgooglemapを活用したコース設定だといつものコースは8kmちょっとなのだが、センサーが記録した距離は9km強だった。センサー調整も出来るみたいだから、やってみよ。
しかし、このセンサー、どうやって測っているのだろうか。
iPOD+NIKEは3,400円と結構安いのにこの機能はかなりお買い得だと思う。

走り記0409

ござらっせ44分。初めてござらっせまで朝走る。超快調。
今日は息子の入園式。他の子と触れ合う姿を見るのが楽しみだ。

シンプルに断定する。

先日、販売店の専務さんに、新型車の商品性についての取材に行った。
目から鱗が落ちた。
おっしゃった内容は、オーソドックスだったが、とても説得力があり、聞きていて気持ちが良かった。聞いていて気持ちの良いプレゼンって、なかなか無い。
・現場を熟知する販売店の重役という存在感というかパーソナルブランドのような雰囲気
・とても整理されて、ロジカルな内容(きっと取材前にしっかり考えられたことが伝わった)
・そして何より、シンプルな結論。それを断定する語り口
日頃の企画書作成でせこせことロジックの順番や、フォントや色を気にして時間かけてる自分がとてもアホに感じた。
企画ってもんは、中身の新規性以上に、
シンプルでふむふむと感じる伝え方が重要なんだと痛感。