走り記はやめる。

ランニングが挫折しないよう、走った記録を書いていたが、結構安定して続けられそうなのと、NIKE+iPODの機能が素晴らしいので、このブログで記録を書くのはおしまい。
先週から週末は10km走っている。1km5分ちょっとのペースだから、まあまあかな。
走り始めて3カ月でようやくこの距離が普通に走れるようになってきた。
今日は、蹴りだして着地する足の膝下が伸びきっていない走りをしていることに気付いた。
自分は足が細く、フトモモの筋肉が弱いからか。それとも、この走りクセで育ってきたから足が細いのか・・・。
意識して足を伸ばして着地することを心がけたら、かなりしんどかった。
でも、あきらかにストライドは伸びるので、このフォームを定着させたい。

友人とランチ

税理士事務所に働きながら税理士を目指している高校時代からの友人とランチ。
彼は住宅メーカーに5年勤めた後、その時代に貯めたお金で大学院に通い、今は事務所勤務。あと1科目を残している状態が3年続いている。将来的には独立を目指しているが、資格無くとも楽しく好きな仕事をしている現在にも満足しているようだった。
自分は漠然と税理士などコンサル関係の仕事を目指そうか考えていることを語った。
彼はそれに対して「35歳での決断は遅くはないが、勉強の時間がしっかり確保できないでしょ!」ともっともな指摘。
家族、家のローン・・・リスク山盛りな中、それ以上の強い意志があるのかと、いつもの自問自答・・・
・・・ないな、そんな意志。
しかし何か動き出したい。それだけは確か。

人脈と3カ月の運転資金

前の会社から付き合いのあるSP会社社長のKさんとゴハンを食べる。
しゃぶしゃぶの木曽路でご馳走になる。
独立した経緯とか、独立後の苦労とか生々しい話をたくさん聞く。
独立する際の必須事項として、
・必ず仕事を落としてくれるキーパーソンの確保
・その人を含めた人脈の広がり
・3カ月分の運転資金
が重要だとおっしゃってくれた。
彼はプロデューサー的な方だから外注率も高い。
営業活動を怠るとすぐに仕事がなくなるようだ。
「この人にしか出来ない」という市場価値のあるノウハウを身に付けたいものだ。