2018年に気になった広告を思い出していたら、、、

年末、今年一年(2018年)で気になった広告って
何があったかなー、と思い出していたら、、、

まず頭に浮かんだ2つのCMを
Youtubeで見返したら、
どちらも2017年だった…。

時が経つのが速いのか、
新しい情報をインプット出来ていないのか、、、
自分の記憶力がヤバいのか、
普段CMを観なさすぎなのか、、

まず思い浮かんだこれは、2017年の、しかも前半。。。

※個人の動画リンクから借用

一緒に観られる

遠く離れても一緒に観られる

遠く離れてもdTVで繋がれる

という商品の嬉しさへの落とし方がシンプルで美しい。
かつ、舞台設定と楽曲選定と世界観の作り方が素晴らしい。

次に思い浮かんだのも2017年の、割と前半。。。

※個人の動画リンクから借用

嬉しさのストレートトークではなく、
「嬉しさ(ベネフィット)を得た状態の表現」、
っていう自分の好みを再認識。

その路線だと、最近よく目にするこの「ブレスラボ」のCMも、
「嬉しさを得た状態の表現」。
こういうCMは販売への即効性ありそう。

あとは単純にカッコよくて好きだったのが
ホンダジェット。
離陸して斜めになった建物にジェットが映りこむ映像はたまらん。

こういう社会的なメッセージがあるのも好み。
そのメッセージの是非に関わらず。
メッセージ性が強すぎるとネット議論がネガに働きがちだけど、
このパンテーンはちょうど良い塩梅だったと思う。
広告主と代理店が相当な議論をして着地させたと推測。

最後は2018年ではなく、
今年(2019年)に入ってからだけど。
相変わらずのTUGBOAT節が全開で最高です。

釣れない日の見極め

 

昨夏のこと、
ルアーの友人と石徹白川へ。

台風一過で、晴れ間は出ているが、
川は当然、水量多め。
テンカラが出来るギリギリの線かなー、と思いつつ

いざ釣り始めると、
ルアーの友人が一投目でさっそくヒット。
きれいなイワナを釣り上げた。

おー、いいじゃん、釣れそうじゃーんと
気を良くして釣り上がるも
その後は僕も友人もパッタリ当たりが出ず。

結局、本流ではゼロ。
午後から気を取り直して支流で釣り上げることは出来たが、
午前中の貴重な時間がもったいなかった。

食いが悪い場合の、見極めと判断を早くせねば。

ただ、友人の一投目のヒットがその判断を鈍らせた。
「今日はいける!」と思ってしまった。

きっと、ルアーだから水深が深いとこで出たのだろう。
この日は水量が多く流れも速いから、
食いが渋く魚は水面に上がってこなかった。

釣れたから、今日は釣れる。

ではなく、今のはなぜ釣れた?と
もう少し丁寧に考えれば、

ルアーとテンカラの違いまでを考慮に入れて、
もう少し早く判断が出来たのにー、
という真面目な反省。

食べたくても食べられないのは魚のほう。

昨春に石徹白川に行ったときのこと。

石徹白で坊主は無いだろう、と
余裕な気持ちで行ったが、
結果、ツルッツルの坊主。

当たりは4,5回あったけれど、
釣ることはできず。

「出るが、食ってない」

ここで気になったのが、

魚のほうが食わなかったのか、
それとも、
食おうとしたが、食えなかったのか。

今までは
「魚のほうが食わなかった」という考えしか
持っていなかった。

何か怪しい!いつもの食事と違う!とか、
直前で魚がそう判断したんだろうなー、と。

でも、あまりにも悔しかったので、
ちょっと視点を変えて振り返ってみた。

魚のほうは食べたかったのに、
上手く食べさせてあげられなかったのだ、と。

そうすると、きっと対策は変わってくる。

・毛鉤の流れのスピードが速すぎて食べづらかった?

・毛鉤の流れのスピードが変化して、タイミングが合わなかった?

・近づいてみたら毛鉤の大きさがイメージと違った?

とか。

どれも仮説だけれど、
いずれにせよ、
魚の立場になって、食べやすく流す、つまり、
「食べさせてあげる」という感覚が大事!な気がする。