読書記:堀義人著「吾人の任務」

グロービスに通学しようか少し検討したので、この本。
「吾人の任務」とは著者の祖父のコトバとのこと。
今とは環境も思想も大きくことなる中で、まさに「Mission Statement」を明確にしているなんて、ちょっと感動した。
あと、両祖父、父親と、やっぱりビッグになる方は血筋がいい!と、まずは凡人の発想になってしまう自分が悲しい。
①一番心に残ったのは「一貫性」。留学して将来のビジョンが見えてから、現在まで何一つ意志が変わっていない。
②現状把握、戦略、実行、検証、再戦略というしっかりとした道を、しっかりと行動している。
③以前、著者のセミナーで聞いた言葉を思い出した。
 「成功の反対語は失敗ではない、何もしないこと、だ」
 

吾人の任務 MBAに学び、MBAを創る
東洋経済新報社
堀 義人
ユーザレビュー:
一流企業からの起業の …
やりたいことあります …
本としての価値はどう …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です