NHK取材班著「暴走するネット広告」


昨年11月26日、JAA(日本アドバタイザーズ協会)が
デジタル広告に関する長年の課題(特にアドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティ)に対して、広告主並びにパートナーが取るべき原則を発表した。
デジタル広告の課題に対するアドバタイザーズ宣言

いよいよ今年、年間広告費でテレビ広告費を抜くことになるであろう、デジタル広告費。年間で約1.8兆円。
そのうちの500億~1,000億がアドフラウドによる不正な広告取引として闇に消えているともいわれている。

現状は、これらの課題に対して問題意識を持つ先進的な企業ほど、広告主自らがコストをかけて健全な取引を目指して取り組んでいる実情がある。そうした中でのこの発表は、広告主側は今後は毅然としたスタンスで臨むからね、という意志表明と受け止めた。

私たち広告主も協力するけど、エージェンシーやメデイアのみなさんが頑張って何とかしてね、と。

問題解決に向けたこの動きが加速したきっかけとなったのが、約2年に渡るNHKクローズアップ現代の徹底取材によるものだと思う。

業界の関係プレーヤーは商流に入っている以上、被害者でもあり加害者でもあるので、長年の問題ではあったものの、いまいち自浄作用というか解決に向けた動きが働きにくかったので、今回のNHKによる第三者のメスの影響は大きいように思う。

自分の会社(エージェンシー)も年間数十億のデジタル広告の扱いがあるわけで、犯罪の片棒を担いでいる捉えられても仕方ない。
だからこそ、まずエージェンシーが行うべきは、
商流に入っている各プレーヤーの付加価値をしっかり可視化させることだ。
広告主に対する説明責任を負う立場として、広告取引のバリューチェーンにおけるコストの透明性と言い換えても良い。
そのうえで、不正ゼロを目指した監視機能と改善を行っていく。

この状況はピンチでもあり、逆にエージェンシーの存在意義を高める良い機会でもある。

山口周著「世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか?」


変化が激しい世の中だからロジカルシンキングはもう限界で、イノベー
ションを起こすには自らの審美眼を頼るしかない時代だよ!
っていう結論だよなーきっとこの本は。

と予想しながらも、

たまに美術館行っても誰よりも早く観終わって一周しちゃう自分だから、
少しは美術鑑賞をビジネスに活かせるコツでも見つかれば、、、
ということで、読む。

■リーダーが美意識を鍛えている3つの背景
・論理的意思決定が限界だから
ロジカルシンキングが高度化すればするほど同じ正解にたどり着く。正解のコモディティ化。戦略で差別化できなくなっている。

・自己実現的消費がトレンドだから
消費のファッション化。リーダーの美意識の水準が企業の競争力を左右する

・時代変化にルール(法整備)が追い付いていないから
リーダーの倫理観が意思決定の拠り所になる

■直感と感性だけが重要!と言っているわけではない
あくまで「論理と直感」「理性と感性」のバランスが大事ということ。
「アート」「サイエンス」「クラフト」の3つの要素をバランスよく配合して意思決定すべき。
ただ、アカウンタビリティ(説明力/説得力)は、
サイエンス、クラフト > アート

どうしても意思決定の世界ではアートは弱い。
「なんとなくこっちが良い」では人は納得しないから。

だからこそリーダーがアートを重視するか、あるいはアートが尊重される組織の仕組みを作るしかない。
柳井さんと可士和さんの関係のように、リーダーの側近としてクリエーターが起用される例はよくある。古くは信長と千利休の関係。

■罪の文化、恥の文化
欧米は罪の文化。判断基準は自身の良心にある。(神様が見ている)
一方で日本は恥の文化。周りの目がどう判断するかが判断基準。だから極端な話、悪事を働いても誰も見ていなければ大丈夫、な世界。

いかに真・善・美の判断基準を内在させるか、がこれからは大事

■未来を変えるために
会社組織でも業界でも政治でもなんでも、既存のシステムに適応した人(つまりエリート)だけがそのシステムを内側から変えられる。外野の人がワーワー言っても結局は何も変わらない。
だからこそ既存システムに恩恵を受けているエリートが、自らの美意識を尊重し改変していかねばならない。

■芸術と意思決定
ビジネスリーダーの必須条件は「セルフアウェアネス」。いかに自分の強みや特徴、そして自分のコンディションに敏感であるか。
その感度は脳の「島皮質」(感度)、「前頭前野」(美意識)が成長することで伸びる。この脳の部分は芸術を美しいと感じる機能でもある。
つまり芸術を美しいと感じることと、ビジネスにおける高度な意思決定は同じこと。だからこそ、美意識を鍛えることが有効。

■美意識の鍛え方
・絵画
なんの先入観や予備情報を用いることなくフラットに観ることが有効(VTS:Visual Thinking Strategy)。過去の情報をパターン認識化することは効率的であるし、それこそが経験値であるが、一方で失語症のように常に過去経験をアンラーンし、常に白紙でフラットな情報取得をすることが今の時代には有効なのかもしれない。

・哲学
過去の哲学者の主張が、たとえば間違いであったと証明されたとて、その主張を紡ぎだしたプロセスや時代背景を知ることは有効。なぜなら哲学とは、その時代を疑い続けた歴史であるから。哲学とロックは同じ。欧米ではMBAの前提知識として哲学を学ぶ

・文学
メタファーを学ぶ。メタファーは単なる手段ではなく、戦略を研ぎ澄ます武器である(優れたリーダーは喩えるフレーズで分かりやすく方向付けする)

宇田川元一著「他者と働く」


「『わかりあえなさ』から始める組織論」。
この副題は、まさに日々直面している悩み。笑

同じようなタイトルは以前にも手を伸ばした記憶が。
こういう人と人の関係性を語る本は大好物。
平田オリザ著「わかりあえないことから」

世の中の課題は2つに分けられる。
自分が頑張れば解決できる課題、「技術的課題」と、
他人を動かさねば解決できない課題、「適応課題」。

すなわち適応課題とは、人と人の関係性で生じる問題であり、
関係性を変えていくことでしか解決できない問題である。
でもって、世の中に転がっているほとんどは適応課題である。

そんな中、
自分は、「他人と過去は変えられない」と思っていて、
はなから他人の考えを変えることをすぐに諦めてしまうタイプ。

これ、言い換えると、課題解決能力が低い、ということ。
あかんやん。

でも自分はたぶん、課題解決に向けた「計画」は得意、「遂行」が苦手。
今回の話はこの「遂行」をいかに頑張るか、ということだね。
ということで読む。

■適応課題は4つに分けられるよ
・わかっちゃいるけど解決出来ない、ギャップ型
・言えない関係、抑圧型
・お互い合理的だけど利害がぶつかる、対立型
・問題に向き合わない回避型

■キーワードは「ナラティブ」
ナラティブとは物語のようなもの。人には人の物語がある。

個人とは、「個人と、個人の置かれた環境である」という言葉があるように
個人を形作るのは内発的な思考だけでなく、置かれた組織や習慣によって
その判断基準や価値観が作られる。

つまりナラティブとは、
それぞれの立場の常識や価値観に基づいた解釈の枠組みのこと、と認識した

私とそれ、という道具的な関係から
私とあなた、という固有の関係へ。

誰も悪くない。人には人の物語がある。
それぞれが、それぞれのナラティブに合理的に生きている。

それらを敵対せず、連帯意識で捉え、
いかに相手が捉えている自分の物語を、お互いの対話に向けていくか。

■溝に橋をかける4ステップ「ナラティブアプローチ」

準備:自分と相手に溝があることを理解
観察:相手のナラティブや相手の環境をしっかりと観察
解釈:相手側に渡り、相手のナラティブを構築し、同時に相手側から自分を見る
介入:橋をかけるポイントを探り、行動する

見えないものを見よ。観察第一、
何が分からないかが分からない状態からの脱却。

そして、相手になったつもりで相手のナラティブを自分なりに構築してみて
かつ相手側から自分を見てみる

自分が自分のナラティブの中においてしか物を見ていなかったことに気づき、
自らを改めることを通じて、
相手と自分との中に今までになかった関係性の構築を目指す

自分のナラティブに相手を引き込んだり
相手のナラティブを捨て去ろうとするアプローチではなく、

相手がより良い実践ができるように支援。
その相手の実践の中で、こちらの考えや取り組みの相対的な位置を得ていくことによって、自分も他社も両方が生きられる関係を目指す

 

◾️あるある

・既存営業と新規営業の部門対立
赤字を垂れ流す新規営業への目線の厳しさに対し
短期収益という軸だけで見ると話が噛み合わない。
そこで、新規営業部署に人材育成を担わせる、
実験的なことを行い既存営業にフィールドバックなど、
新しい役割、新しい関係性を作るパターンもある

・営業と法務という部門対立
後工程、あるいは前工程を経験させ、大変さを実感させる。
自らのナラティブに招き入れる。
企業内のローテーションはこの意味合いも強い。

・上司部下の関係
部下の正論ナラティブは通用しない。
なぜなら、当然上司には上司の立場のナラティブがあるから。

かといって、はなから諦めちゃうと大企業病。
大企業病なのは、提案を妥協した下の側もそれに加担していると気づくべき。

立場が下の人間は、上の人間を悪者にしておきやすい。
立場の弱い人間はいくらでも人のせいにして逃げ道があるから。

上下ライン3レイヤーで勉強会をして同じ目線になる。繋がりを再構築する、など、孤立せず橋をかけておく

 

■決して妥協や迎合ではない

ナラティブアプローチは、
自分を曲げて相手に合わせること、ではない。
それは、人を動かすことは難しくて、諦めるのが当たり前、と思っていないか?

信念と誇りを持ち、誇り高く生きよ。