走行中もテレビが見れてナビ操作できるやつ。

中古で買ったスズキのイグニス。
ナビが付いた車を買ったのは初めてで、
ましてやTVまで付いてる。

ナビもテレビもそんなに見ないから
別にどうでも良いやと思いつつ、
付いてたら付いてたで、意外と見たくなるもの。
でも、純正なので当然走行中は画面は消える。

これまでは走行中にTV付けてるクルマ見かけたら、
うわ、あの車危ねーし、と思っていたが、

いざ自分のクルマに付いてると、
走行中も見れたほうが、家族で遠出の時は便利なあなと。

ということで、お店にお願いするのも工賃がもったいないので、
楽天でパーツを購入、自分でやってみることにした。

走行中にテレビ&DVDが見れて
ナビ操作もできるハーネスキット。

ナビ外してからのハーネスの取り付けとかは
簡単だけど、

そこにたどり着くまでの、諸々の取り外しが面倒だった。

かつ、
手順を間違えると意外と面倒くさいなので、
誰かのために、一応ポイントをまとめておく!

買ったのはこれ。税込4,500円。
探せばもっと安いのあるけど、なんとなく
ちゃんと品質確かっぽい、この商品を買う。

 

 

 

 


まずはボンネット開けて、
バッテリーのマイナス端子を念のため外しておく。


続いて、ナビ外し。
2つのフレームは頑張れば手で外せる。
そしてナビ本体を外すには、10センチほどの奥まで届く、
長めのプラスドライバーが必要。


次はエアコン操作パネルを外す。
なぜこれを外すかというと、
ナビ操作をする際の付属のON/OFFスイッチを、
純正スイッチ類の空き枠に入れ込むためには、
このエアコン操作パネル部分を外さないと作業できないから。

外すエアコン操作パネルとは、これのこと。

下の写真がエアコン操作パネルを下から覗いた写真。
この2つのネジを取れば、エアコン操作パネルが外れる。


続いて、ON/OFFスイッチを取り付けるスイッチの空き枠外し。
エアコン操作パネルを外したことでポッカリ空いた部分から
手を突っ込んで、その下のスイッチ部分に手を回して、
指をこちょこちょして、スイッチカバーの
裏側のツメを押さえて外す。これムズイ。手痛い。

下の写真のように無事外れました。


次の手順が大事。
この穴の空いたスイッチカバーとボタンを先に取り付ける。
このカバーをコードの末端(コネクタ側)から通して、
付属のプラスチックナットに挟み込んで固定する。

下の写真が固定した写真。これを先にやらずに
ナビ裏のハーネスキット取り付け作業を
先にやってしまうと後で面倒になることに気付く


いよいよナビを外して裏側のハーネスキット取り付け作業。
まずはダラ~んと垂れてしまうナビ本体でインパネを
気づ付けないように養生をしてみた。
これ結果的にやっておいて良かった。


ハーネスキットのはめ替え。
写真に写っている水色のコネクタの下にある白いコネクタを外し、
付属のハーネスキットにはめ替えるだけ。
次にハーネスキットとON/OFFスイッチのコネクタを繋げる。
この辺は説明書通りにやればカンタン。


緑色のハーネスを横のネジに取り付ける。
これも説明書通りにやればカンタン。


あとは、取り外したものを、もう一度取り付けて完成!


一応、ちゃんと作動するか、すべてのネジを取り付ける前に
走行チェックしてみた。

ということで、
作業はカンタン。ON/OFFスイッチの取り付け手順が大事。

試行錯誤したので1時間半かかっちゃったけど、
要領分かっていれば、実働30分もかからない作業。

 

これで快適テレビ生活。
決して、走行中はドライバーは見ませんけどね!w

走行中のドライバーのTV視聴はほんと危険なので絶対禁止ですよー

車買替日記2018 その3

3月24日(土)

クラッチが粉砕してしまった、3代目パンダ。
いつもお世話になているクルマ屋さんから、買取金額の連絡が入った。

査定35万円ー修理代25万=買取10万円。

10万円。。
4年半乗って、走行距離70,000kmのイタ車。
まあ、仕方なし。

お世話になっているし、修理込みなので、
他の買取業者に見積もり取るのも面倒で、この金額で印鑑押した。

さて、
土曜の夕方、近所のスズキのディーラーに試乗に行く。

嫁さんと息子とは昼間は別行動だったので、
ディーラーで集合にした。

先に着いてた二人は、さっそく営業マンから
「クロスビー」を薦められてた。

クロスビーは、ない。
実際はどうか分からないが、
ハスラー人気に乗じて作られるような車は好きになれない。
マーケティング発想の車は
総じて好きになれない。

イグニスの試乗車は準備が無かったが、
担当頂いた営業の方がイグニスで通勤しているらしく、
自家用車を乗せてもらったw

車重軽いわりに、そこそこしっとり感があって、
ステアリングも軽くなく、いきなり好印象。
CVTのフィーリングも、加速時のタイムラグだったり、
ベルト空回り感も少なくて合格点。
走っている途中で、もうこれに決めた!って思う。

マイルドハイブリッドによる加速時のモーターアシストも
フィーリングの違和感はなかった。
けれど、これがどれだけ燃費向上に貢献するかは
何とも分からないね。

試乗から戻り、実はヨソのお店で中古で買おうか
迷っている(実は迷っていない)と伝えると、
当たり前だけど、ガックシされる。
スイマセン、、

そこまであからさまにガックシしなくてもww

狙っている物件をスマホで見せたら、
これには敵いません、と。
さすがに新車価格マイナス50万の新古車には負けますと。
まあ、そうだよね。
その言葉を聞いて、決心がつきました。

3月25日(日)

前の日に電話で予約をして、
さっそくお目当ての中古イグニスのある、
「カーロッツ浜松」へ。

スズキのおひざ元。でも販売店はトヨタ系。

もちろんクルマが無いのでJRとバスを乗り継いでのんびり浜松へ。
結構広い店内だったけど、結構なお客様の数。中古車ショップは
変な敷居の高さもないし、入りやすいね。

ほどなくして担当してくれる営業の方が来てくれて、
スラスラと問題なく商談が進む。

買うクルマはトヨタの品質保証「T-Value」認定車のようで、
保証の話とか、事前クリーニングの話とか、
ちゃんと伝えてくれる。T-Valueの魅力は、
商談後半の、どっちにしようかな、という段階であれば効くかも。

ということで
納車までは2週間以上かかりそうだけど、
車が壊れてから1週間で、一気に車を買いました。

車買替日記2018 その2

3月23日(金)

イグニスに決めた。

あとは、
ボディカラーとグレードどどうするか。

ルーフレールがあって、ホイールが黒くないFリミテッドか。
その場合、このグレーがまあ良い感じ。

それかこの水色か。これだとレールなし。
でもキャリアは付けれるから良いか、と思いつつ、
ホイ―ルが黒いのがイヤだなあ。

 

 

 

 

Fリミテッドだと上級グレードなのでオートクルーズ付くし良いかな、と。
ということでSUV色の強い特別仕様車Fリミテッドに決めた。

突然訪れたクルマ買替なので、中古車でも良いのではないか
という気分になり、

中古車探しアプリを入れてみる。

まずはカーセンサー。
やっぱりリクルートだし、掲載車が多そうというイメージから。

一応GOOネットも入れてみる。

全体の掲載台数はカーセンサーのほうが1.5倍
でもイグニス×愛知県エリアで絞ったら40台と39台で、ほぼ一緒。

お気に入り表示のちょっとしたユーザービリティの差で、
何となくGOOネットを見るようになる。

アプリを入れると、
電車乗ってる時間とか、少しのスキマ時間が
ほぼこのアプリを見ることになるね。

これはちょっとした発見。

ちょっとしたスキマ時間は、ほぼクルマ選びの時間になる。

家に帰ったら動画をしこたま見る。
You tubeで「イグニス 試乗」で検索。
10本くらい見たが、
スズキの販売店の営業マンらしき人が趣味で?アップしてる
この試乗動画がとっても分かり易い。

ということで、週末は試乗に行こう、となる。

確認ポイントは、
CVTの走りのフィーリング。
基本CVTはつまんないから嫌いなんだけど、
それが我慢できるレベルかどうか。
あとはステアリングのある程度の重みと、
乗り心地のしっとり感がどれだけあるかどうか。

それらを確認するべく、
中古車で買う前提だけど、
とりあえず新車ディーラーに試乗だけは行くw