NHK取材班著「暴走するネット広告」


昨年11月26日、JAA(日本アドバタイザーズ協会)が
デジタル広告に関する長年の課題(特にアドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティ)に対して、広告主並びにパートナーが取るべき原則を発表した。
デジタル広告の課題に対するアドバタイザーズ宣言

いよいよ今年、年間広告費でテレビ広告費を抜くことになるであろう、デジタル広告費。年間で約1.8兆円。
そのうちの500億~1,000億がアドフラウドによる不正な広告取引として闇に消えているともいわれている。

現状は、これらの課題に対して問題意識を持つ先進的な企業ほど、広告主自らがコストをかけて健全な取引を目指して取り組んでいる実情がある。そうした中でのこの発表は、広告主側は今後は毅然としたスタンスで臨むからね、という意志表明と受け止めた。

私たち広告主も協力するけど、エージェンシーやメデイアのみなさんが頑張って何とかしてね、と。

問題解決に向けたこの動きが加速したきっかけとなったのが、約2年に渡るNHKクローズアップ現代の徹底取材によるものだと思う。

業界の関係プレーヤーは商流に入っている以上、被害者でもあり加害者でもあるので、長年の問題ではあったものの、いまいち自浄作用というか解決に向けた動きが働きにくかったので、今回のNHKによる第三者のメスの影響は大きいように思う。

自分の会社(エージェンシー)も年間数十億のデジタル広告の扱いがあるわけで、犯罪の片棒を担いでいる捉えられても仕方ない。
だからこそ、まずエージェンシーが行うべきは、
商流に入っている各プレーヤーの付加価値をしっかり可視化させることだ。
広告主に対する説明責任を負う立場として、広告取引のバリューチェーンにおけるコストの透明性と言い換えても良い。
そのうえで、不正ゼロを目指した監視機能と改善を行っていく。

この状況はピンチでもあり、逆にエージェンシーの存在意義を高める良い機会でもある。

読むべき「空気」がある幸せと不幸せ

自分は空気を読むことが得意で、積極的に空気を読んでしまう性格。
これからの社会を生き抜くにおいては、それはデメリットでしかない。

さて、空気を読むとは、その場の集団や特定の誰かに配慮した判断をすることであり、それは往々にして自らが本当に達成したい目的からは遠ざかる判断となりがち。

なぜ人は空気を読むのか。

衝突を避け、その場を穏便に収め、居心地の良い空間にしておくため
最終的な結果はさておき、物事をスムーズに進めるため
相手を不機嫌にさせたり、自分が嫌われないようにするため

すべては、自分と他人との「関係性」を重視した判断。

本来の目的を達成するためには、相手を思いやる能力より、まずは空気を読まずに自分の要求をぶつけてみて調整すべき。
これは、このとおり行動すればよいだけの話なので、頑張るしかない。以上おわり。

 

もっと根本の問題で自分にとって厄介なのは、
そもそも読むべき「空気」が存在してしまっていること、である。

空気を読む技術は、すでにコンテキストが出来上がったコミュニティでこそ威力を発揮する。

日本における「集団」は特にハイコンテキスト。会社の部署、昔からの友達、などなど、規律や価値観や独自の文化が確固たるものになっている。

あえて言葉にせずとも通じ合えるハイコンテキストな雰囲気が一体感を生むし、言葉にせず、あるいはその集団でしか通じない言葉を増やすことこそ、その集団が強固となり、居心地の良さに繋がったりする。

だから、もっと集団の構成員が多様化し、年功序列的な規律も緩い、そんな集団に積極的に関与したほうがいい。

1から10まできちんと前提を説明して、ようやく話が通じる、そんなカオスな集団だったり、自分が最も苦手な「立食パーティー」だったり。

空気読み癖を直すなら、そんな場に身を投じるのが良いのではなかろーか。

 

 

山口周著「世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか?」


変化が激しい世の中だからロジカルシンキングはもう限界で、イノベー
ションを起こすには自らの審美眼を頼るしかない時代だよ!
っていう結論だよなーきっとこの本は。

と予想しながらも、

たまに美術館行っても誰よりも早く観終わって一周しちゃう自分だから、
少しは美術鑑賞をビジネスに活かせるコツでも見つかれば、、、
ということで、読む。

■リーダーが美意識を鍛えている3つの背景
・論理的意思決定が限界だから
ロジカルシンキングが高度化すればするほど同じ正解にたどり着く。正解のコモディティ化。戦略で差別化できなくなっている。

・自己実現的消費がトレンドだから
消費のファッション化。リーダーの美意識の水準が企業の競争力を左右する

・時代変化にルール(法整備)が追い付いていないから
リーダーの倫理観が意思決定の拠り所になる

■直感と感性だけが重要!と言っているわけではない
あくまで「論理と直感」「理性と感性」のバランスが大事ということ。
「アート」「サイエンス」「クラフト」の3つの要素をバランスよく配合して意思決定すべき。
ただ、アカウンタビリティ(説明力/説得力)は、
サイエンス、クラフト > アート

どうしても意思決定の世界ではアートは弱い。
「なんとなくこっちが良い」では人は納得しないから。

だからこそリーダーがアートを重視するか、あるいはアートが尊重される組織の仕組みを作るしかない。
柳井さんと可士和さんの関係のように、リーダーの側近としてクリエーターが起用される例はよくある。古くは信長と千利休の関係。

■罪の文化、恥の文化
欧米は罪の文化。判断基準は自身の良心にある。(神様が見ている)
一方で日本は恥の文化。周りの目がどう判断するかが判断基準。だから極端な話、悪事を働いても誰も見ていなければ大丈夫、な世界。

いかに真・善・美の判断基準を内在させるか、がこれからは大事

■未来を変えるために
会社組織でも業界でも政治でもなんでも、既存のシステムに適応した人(つまりエリート)だけがそのシステムを内側から変えられる。外野の人がワーワー言っても結局は何も変わらない。
だからこそ既存システムに恩恵を受けているエリートが、自らの美意識を尊重し改変していかねばならない。

■芸術と意思決定
ビジネスリーダーの必須条件は「セルフアウェアネス」。いかに自分の強みや特徴、そして自分のコンディションに敏感であるか。
その感度は脳の「島皮質」(感度)、「前頭前野」(美意識)が成長することで伸びる。この脳の部分は芸術を美しいと感じる機能でもある。
つまり芸術を美しいと感じることと、ビジネスにおける高度な意思決定は同じこと。だからこそ、美意識を鍛えることが有効。

■美意識の鍛え方
・絵画
なんの先入観や予備情報を用いることなくフラットに観ることが有効(VTS:Visual Thinking Strategy)。過去の情報をパターン認識化することは効率的であるし、それこそが経験値であるが、一方で失語症のように常に過去経験をアンラーンし、常に白紙でフラットな情報取得をすることが今の時代には有効なのかもしれない。

・哲学
過去の哲学者の主張が、たとえば間違いであったと証明されたとて、その主張を紡ぎだしたプロセスや時代背景を知ることは有効。なぜなら哲学とは、その時代を疑い続けた歴史であるから。哲学とロックは同じ。欧米ではMBAの前提知識として哲学を学ぶ

・文学
メタファーを学ぶ。メタファーは単なる手段ではなく、戦略を研ぎ澄ます武器である(優れたリーダーは喩えるフレーズで分かりやすく方向付けする)