山口周著「ニュータイプの時代」


きっかけは忘れたが、
ほろ良い気分でついついamazonぽちって買ってしまった本。

最近のベストセラー著者だが、この本はやや腑に落ちず。
主張は理解できるけど、業界や立場や環境により一概に言えないことも多く、やや強引な論調で根拠が曖昧な感もあり。。。

と言ってポチッたものは仕方ないので、元を取るべく、
超オールドタイプな自分が、どうニュータイプの良いところを取り入れ、また、どう周囲のニュータイプ人間と付き合っていくかという視点で読み進めた。

正解を探す時代から問題を探す時代へ、はまさにその通り。
仕事でも超実感する。往々にしてクライアントは解答ではなく課題を求めている。プレゼン企画書よりもオリエン書を作って欲しいと要望してくる。

ただ個人レベルでどこまでニュータイプで居られるかは、環境に拠るなあ。
主張は分かるが、とはいえ現実はバリオールドじゃなきゃ話にならない面もある。
前提となる社会構造が変われば、そりゃあビジネスマンのありようも180度変わるんだろうけど、まだそんなに構造変わってない。

「オールドタイプ」から「ニュータイプ」へ

・「正解を探す」→「問題を探す」
・「予測する」→「構想する」
・「KPIで管理する」→「意味を与える」
・「生産性を上げる」→「遊びを盛り込む」
・「ルールに従う」→「自らの道徳観に従う」
・「一つの組織に留まる」→「組織間を越境する」
・「綿密に計画し実行する」→「とりあえず試す」
・「奪い、独占する」→「与え、共有する」
・「やり方を教える」→「やる理由でモチベートする」
・「経験に頼る」→「学習能力に頼る」

ビジネスの本質は「問題を解決すること」だが、
現代はその「問題」が減ってしまい、
逆に「解決」が過剰となりコモディティ化してしている。

したがって問題解決よりも、問題自体を発見する、
「課題設定者=アジェンダシェイパー」のほうが価値を生む時代になっている。

問題が減ってしまった理由は、
世の中から問題点自体が少なくなったのではなく、
問題=ありたき姿と現状のギャップと捉えるならば、
そのありたき姿の構想力自体が衰えている、から。

構想力が衰えている理由は、
企業の経営層やマネジメントまでが問題解決に躍起になっていて、
大事な問題発見を疎かにしているから。(オールドタイプだから)

これまではありたき姿は欧米から仕入れてきたから構想する必要がなかった。
しかし失われた30年を経て、社会構造も変化し、
さてさて我々はどこへ向かおうか?何をありたき姿としようか?
という構想をせねばなのに、していない。イマココ。

その構想力は、サイエンス(科学、論理)ではなく、
リベラルアーツ(哲学、文学、歴史)でしか発想できない。

リベラルアーツとは、
局所的な常識に縛られず、普遍的真理のもとで、
目の前の常識を相対化するリテラシーを持つこと。

信じていい常識と疑うべき常識の選球眼を持つのがリベラルアーツの役割。
全部疑っていたらキリがないから。

要するに〇〇でしよ、と話をまとめるのは、
自分の既知フレームに当てはめただけの最も浅い知識。

環境変化が速い時代、「経験」はすぐに不良債権化する。
自己経験はアンラーンせねばならない。

森岡毅著「苦しかったときの話をしようか」


森岡さんが、
就活を目前にした実娘のために
ビジネスマンのキャリア形成について
愛情たっぷりに書き下ろした本。

となれば、
面白くないはずがない。

超期待しつつ、なかなか(積読の順番待ちで)読めず、
ようやくゆっくりと読めた。

期待に違わぬ内容で、
就活生だけでなく、ほぼ森岡さんと同世代のオッサンでも
ずっしり心に刺さる物語。

いつか読み返すために、深めにまとめる。


Self Awareness
強みとは、好きな動詞である
パースペクティブ
MY BRAND
後ろ向きな仕事と付き合う
不安とは、進軍ラッパである
弱点と向き合う

Self Awareness

ビジネスの世界で生きていくには、
何より自分の強みを知っていること、Self Awarenessが大事。
当たり前だ。自分が商品なのだから。
(でも、日本の教育で極めて不足している部分でもある)

会社がお金を払ってくれる対象は、
自身の強みに対して、である。
なぜなら、その人の強みからしか、成果は発揮されないから。

逆に、弱みを克服する代金を会社が払ってくれるわけではない。
強みと真逆にある弱みの改善に
貴重なリソース(時間や金)を割くのはムダでしかない。

だからこそ、強みを認識し、強みを磨き続ける。それがビジネスマンの本質。
強みを磨き続ける理由は、近しい強みの人がたくさん居るから。
結局ビジネスの世界は相対的な争いである。
強みがあればいきなり際立って輝くわけではない。

花屋の店先に並んだいろんな花は、それぞれがOnly Oneだが、
実はその花たちは、店先に並ぶ手前で、市場で間引かれ
商品化できなかった他の同種の花との勝負に勝った
No.1の花たちでもある。

いきなりOnly Oneを目指すな。まずはNo.1にならねば際立たない。
奇しくもイチローもまったく同じことを言っていた。

強みは磨き続けねばならない。

強みとは、好きな動詞である

強みを知るには、好きだったことを思い出すが手っ取り早い。
好きなことと、自身の強みは相関が高いんだ、きっと。

過去、自分がチャレンジことで、成果が出た思い出は、
きっと良い思い出として残っている。それが「好き」という感情になる。
成果が出たのは、その人の強みが生かされたから。
好きなことは、何度でもやる。磨かれる。

つまり、強みとは、つまり好きな動詞である。

自身の好きな動詞の傾向により、
森岡さんはざっくり3つのタイプに分けた。
ざっくりたった3つに分けちゃうことの汎用性の高さはさすがです。
Thinkの人、Communicationの人、Leadershipの人。

自分はTとLが半々くらいだな。Cは明らかに弱い。

もうひとつ、
強みとは、その人の特徴と、それが生かされる文脈とセット、である。
特徴とはその人の特性の凹凸であり、凸の部分は状況次第では
プラスにもマイナスにも働く。
凸が正しく働く環境で生かされてこそ「強み」といえる。
強みと弱みは環境次第で紙一重である。


パースペクティブ

自分は、あの頃の何も知らなかった自分を恥じる。ことがよくある。
20代の頃は10代の自分を恥じ、30代の頃は20代の自分を恥じ、
そして今40代で当然30代の自分を恥じる。
ポジティブに言えば、時を重ね視野が広がっている、
という当たり前のことなのだが。

この自分が認識できる世界=パースペクティブを、
意識して今以上に広げていきたい。

理解すること、とは、
何が理解できて何が理解できていないかを、理解することに他ならない。

もう一歩進んで、
その理解の線引きがどのあたりにあるのか、
あるいは、理解できていないことを理解するためには、
なにが分かればよいのか、
そこを踏み込んで知的探求を進められれば、パースペクティブは広がる。

パースペクティブの広がり=選択肢の広がり、である。
パースペクティブがなければ、そこにあるのに見えないのだ。

MY BRAND

キャリアとは、自分をマーケティングする旅である。

通常のブランディング作業と同様に、
自分というブランドを定義する

・WHERE:どの市場で戦うのか
・WHO:ターゲットは誰か
・WHAT:提供価値(便益)は何か、その根拠は?
・HOW:どうやって提供するのか

相対的にしっかりとした価値か?根拠は十分か?
際立っているか?自分の本質を偽っていないか?

そして、そのブランド定義が定まったならば、

一貫した行動をとり、そのブランドを棄損する逆の行動をとらないこと。
そしてその提供価値を発揮する成果にこだわること。

ブランドは維持することこそ難しいという当たり前の感覚を、
自分のキャリア形成にも当てはめて自分事化してとらえることだ。

人間は自己保存の動物。
このブランドを信じれば自分が安心できる、という人物について行く。

 

後ろ向きな仕事と向き合う

日頃、仕事をしていると、
やりたくない仕事、部下にやらせたくない仕事が発生する時がある。

それらは、
成果が出ないことが見えている仕事
本質的に顧客のためにならない仕事
仕事のための仕事
とかだ。

自分が信じられない仕事を部下に
与えることはできない。

今でも、そんな仕事が来た時は、
信じられる解釈、可能性を見出すまで議論するようにしている。

しかーし、
無力なサラリーマンたるもの、そんな仕事を
どうしても抱えねばならない時もある。

そんな時はどうするか。

部下と同じ立場(その仕事に納得できない立場)でその仕事を否定した
発言をしても始まらない。リーダーが弱音を吐いては、
その感情は伝染して、全体のモチベを下げるたけ。

プロたるもの、一旦仕事を引き受けた限りは、
全体の立場で、最善の言動を尽くす。

 

不安とは、進軍ラッパである

人間には自己保存の本能がある。
新しいチャレンジをし、新しい環境に身を置くことはストレスになるので、
人間は本能的にそのチャレンジを「妨害」しようと「緊張」という状態に陥れる。本能的に自分が自分を邪魔するのだ。

だからこそ、新たなチャレンジが大きいからこそ、不安と緊張も大きくなる。

言い換えれば、不安とは、本能的な妨害を克服し、大きなチャレンジをしようとする自身が鳴らしている「進軍ラッパ」のようなもの。

不安であればあるほど、自分は勇敢なのだ。

失敗しても死なない。
失敗しないで終わる人生ほど、大失敗なものはない。

それくらいのつもりで不安を楽しんだほうが楽だ。

弱点と向き合う

人が弱点を克服できるのは、自身の強みの周辺領域だけ。
強みを強化する方向であれば、その弱点は克服すべき。

強みと正反対の弱みの克服にリソースを注ぐのはリターンが少なすぎる。
会社が給料を払う対象は、自身の強みだけである。

むしろ、たくさんの強みの凸が重なり合って、総体としてパーフェクトな活動体を作り上げたほうが良い。それがリーダーとしての役割だ。

もうひとつ。
人間が弱点を克服するため、行動を変えようと思ったとき、それが継続せずにへこたれる理由は、

変わろうという意識変化と実際の行動変化とのタイムラグに耐えられないから、である。

行動変化は、神経回路や筋肉の動きを変えるものだから、時間がかかって当たり前。
だから、人間はすぐに行動変化はできないものだと認識し、
変化には時間がかかることを最初から織り込んで、
継続して努力することである。
小さな変化を自分で褒めたたえ、一歩ずつ進歩していくしかない。

高田敦史著「会社を50代で辞めて勝つ! 『終わった人』にならないための45のルール」


仕事でお世話になった元トヨタの高田さんの本。
代官山蔦屋での出版記念のトークショウにお邪魔して購入。

高田さんはひとことで言うと「素敵な男性」。
会社員なのにタレント性がある方だと感じていた。
と思ったら、独立されてマーケティングコンサルタントに転身。

この年代でトヨタを辞めて独立される方は珍しいのではないか。
でも高田さんなら意外性はない。

トヨタ時代の苦労や実績もつまびらかに書かれていて、
自分も知った世界のリアリティある内容だった。

ここに書かれていることを、
「高田さんだから出来たこと」と捉えてしまうのは簡単で、
そう言ってしまえば何も残らない。

 

人生100年時代を見据えて、
何歳まで働き、いくら蓄えておくか。

そして、会社員時代に培ったスキルが
違った形で周囲に貢献できる仕事の仕方があるのではないか

会社を辞める辞めないの話ではなく、
人生設計を見通した上で、残りの会社員生活をどうプランニングするか、
あらためて再設計する時期が来ている。