読書記:神山潤著「睡眠で人生が劇的に変わる生体時計活性法」

「睡眠」ほど、好きだけど要らない、と思うものはない。
寝なければ人生25%増しなのに。
一方でパフォーマンスを高めるための睡眠との付き合い方、ルーティンづくりを考えたいなあと思い、この本を読んでみた。
研究事例はかっ飛ばして読んだので要点だけ。
①人間は昼に動いて夜休む体になっている。逆らうのは不健康。
②午前中が集中力ピーク
③午前午後とも2~6時は眠くなる時間。
④昼の15分睡眠はその後のパフォーマンスを高める
⑤90分周期
人間生来の体質に逆らうことなく、太陽と一緒にルーティンな暮らしをするのが一番良さそうだ。

ユーザレビュー:
もっと寝ろ!1.内容 …
おそらく買うとがっか …
臨床医からのスリープ …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です