松本市山田杯梓川ハーフマラソン

正式名称長げーな、この大会。
先週末、家族でのんびり信州へ旅行ついでに、、、って思って申し込んだものの何やかや日程が合わず、結局前日最終のしなのに飛び乗る。
逆に一人でのんびりできる時間ってなかなか無いから、かなり貴重やった。
今回のレースは、来月とうとうチャレンジするフルマラソンに備えた調整。
目的は、
5kmラップ27分のゆっくり一定ペースを心がけて、ゴールした時もそのままさらに同じ距離走れる体力と気力が残っているかをチェックする、こと。
このペースでフル続けば3時間台行けるのだが、いきなりその目標は高望みかな。
結果、
ゆっくりペースは守れなかったが何とか気力は残ってたと思われる。
でもホントにフル走れるだろうか。。。と、まだまだ不安。
時計を忘れて、iPhoneポケットに入れてストップウォッチに。

画像

どうしても周りのペースに巻き込まれ、特に一番気持ちよく走れる5~10kmあたりは快調に走り過ぎた。
周りと合わせずにゆっくり抑えて走るって意外と難しい。
あと、後半いつものように両足くるぶしが痛んだ。
たぶん足の筋肉が少ないから関節がもろに衝撃を受けてるんだと思う。
かかとからじわ~っと、足裏全体で着地する感じを意識すると多少和らぐことを発見。
大会自体は今まで参加した中では極端に参加者が少なかったけど、その分アットホームで雰囲気は良かった。コースも平坦で走りやすい。会場に温泉が隣接してて快適やったし。
蕎麦食って、そのまま翌日の仕事のため、あずさに乗って新宿へ向かうのであった。

カテゴリーRUN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です