このブログの一番大切な読者は、「自分」。

気づいた。そういえば自分がこのブログを読み返す回数が極端に少なくなっていると。
自分のため、というこのブログ本来の目的を果たしていないということね。
そもそも自分のブログは、「あくまで思ったことや見聞を書きとめておく日記」。
あまりに忘れっぽいからメモっとかないと、レベル。
特に世に発信したいオピニオンがあるわけでもなく、
情報感度が周囲の人より高いわけでもないから、
世に無数とある凡ブログ。それで良いのだ。
最初は日記だからブログである必要もないと思ってたけど、
でも、「人に見られる可能性」のあるネット上に記事を残す意義があると思い始め、ブログに変更した。
やっぱ自分以外の読み手の存在を意識して書くので、
論理的で、分かりやすて、簡潔な文章を書く訓練になる。これは本当に有意義。
でも、じわじわtwitterが現れて自分の身近な人にも見られるようになって、
恥ずかしいことが書きづらくなった。
恥ずかしいこととは、つまり「本心」。
どーしてもね、多少飾っちゃう。
特定の誰かが読んでくれることを想定して書いている自分がいる。
本心で思ったことでも、周り的にレベルが低いことを書けなくなる。
そうすると、一番大切にすべき読者である「自分」にとって、有益な文章でなくなる。
同時に、だんだん書きづらくなって、筆が遠のく。
当たり障りのない読書記しか書けなくなってる。。。寂。
ということで、恥ずかしくても情けなくても書く!とあらためて思う次第。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です