小牧・白山神社プチトレイルラン

昔っから、遠くにかすかに見える建物がなぜか妙に気になっちゃう性分。

なんでだろうね。
一度気になり出すと、たとえ車を運転していても、ずっと見えなくなるまで見てしまう。別に建物自体が気になってるわけでなく、「この場所からあそこが見える」という空間の妙が好き。自分でもよく分からん。

夏になると息子と何度か遊びにくる小牧市民温水プール。その裏山の頂上に、かすかに展望台のような建物がちらっと見える。
ごたぶんに漏れず、それがずっと気になってて、きっと遊歩道が整備されている気がして、トレイル的に行ってみたいと思っていた。

5月30日、朝早く起きて、行ってみた。
車を小牧市民温水プール近くの福祉施設の駐車場にと停め、
県道から小さな集落に入り、地図看板にあった「大山廃寺跡」を目指して走り始める。車道は江岩寺というお寺につきあたる。

その脇道からはじまる延々と続く細い階段を駆け上り、ほどなく大山廃寺跡に着く。

廃寺の跡。つまり線路でいうならば廃線の跡。もう跡形もないよね、普通。

画像

なんもないので、そこから整備された車道を尾根づたいに走り続け白山神社に向かう。
途中、「兒の森」(ちごのもり)という整備された公園を発見。

画像

市が整備した公園らしく、遊歩道が山の頂上を張り巡らしている。
意外と公園の奥が深く、走り応えあり。

画像

ここをぐるぐると2周。ここだけでも楽しいトレイルランが味わえる。道も整備されているし。

画像

入鹿池も一望でき、遠く明治村の汽車の汽笛も聞こえてきて楽しい。

画像

森の遊歩道を一通り走ったあと、そのまま白山神社へ向かう。
やや険しい道が続き、突然鳥居が見えてきた。
遠くから見えていたのは展望台ではなく、白山神社の鳥居だったんだね。
桃花台を眼下に遠く名古屋まで見渡せる景色がほんとキレイ。
しかも鳥居越しに展望できるって、ちょっと不思議な景色。

画像

ちょっと休んで、今度は入鹿池側に下りることにした。
車は入れない車道を駆け下りると意外とすぐに入鹿池の入り口に到着。
ワカサギ釣りのシーズンじゃないし、まだ朝も早いのでボートの数はまばら。
のんびり休憩して、
車道をつたって、途中「ヒトツバタゴの自生地」に立ち寄る。
ここ、自分が小学生のときに家族で本宮山と尾張富士にハイキングに来たとき歩いたなあ、と思い出す。30年前。。。
っで、そのまま車道を走って車に戻る。
14km、気軽なプチトレイルラン、気持ちよかった。朝っていいね。

画像

Comments are closed.