岸見一郎・古賀史健著「嫌われる勇気」

ホリエモンがおススメしてて読んでみた。
ちょっと前にベストセラーになってたなんて知らなかった。
この本、なんでこのタイトルにしたんだろう。
本質をこの一言で言い当てているわけではないが、セールス的にこれが一番キャッチーと判断したのかな?
なんか浅いタイトルに見えちゃってたけど。
ということで、本の内容は、とても良かった。良かったというのは、これは本当に自分に向けて書かれていると思ったから。。。
人生の悩みはすべて対人関係である
人生のタスク、もっといえば、対人関係を回避するため、他者の欠点を見つけ、敵とみなしてしまう。
回避するために、自分に「人生の嘘」をついている。
誰かの期待を満たすために生きてはいけない。
課題の分離
普通であることの勇気
今、ここ、に強烈なスポットライトを当てよ。
過去にどんなことがあったかなんて、今の自分には関係ないし、将来どんなことが起きるかなんて、今の自分には問題ではない。
いまこの瞬間から幸福になれる

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です