車買替日記2018 その1

もう数カ月も前のことだけど、
クルマぶっ壊れて買替したので、その記録。

3月19日(月)

嫁さんが運転中にパンダが故障。
池下交差点で止まったらしく、
広小路大渋滞をかます。

初代パンダ→アルファ147→3代目パンダと、
まあ車を選んだ自分が悪いのだが、これで道で止まるの何回目だ??

前日、スタッドレスからノーマルにタイヤ交換した直後、
右リアのあたりからコロコロと異音がして、
なんだろう??と思っていたのだが、
それが関係してるのか??

最近はクルマの調子が良かっただけに残念。

さすがの嫁さんも、このクルマに対する不安が大きく、
道で突然止まってしまっては、仕事にも支障が出るので、
今年の夏は5年目車検だから買替たいと。

次は日本車だと。。同意。

可愛いクルマでした。。

 

3月21日(水)

故障の原因の連絡が入る。
原因は、、クラッチが粉砕ww

4年半でクラッチって粉砕するんだっけか?

パンダの「デュアロジック」は、
オートマではなく、
マニュアルミッションのクラッチとシフト操作を自動化した2ペダル車。

かつ、我が家では積極的にシフトのマニュアル操作をしていたから、
ギアチェンジ回数そして半クラッチ状態もかなりのもの。

かつ、4速から5速の切替の時とかは、
アクセルを多少踏み残したままシフトチェンジしていた時もあるので

半クラの負担も大きかったんだろうと思う。

だから4年半でクラッチが粉砕した。
と、納得するしかない。

一応修理したらいくらかかるか確認してもらいつつ、
次に何を買おうか考え始める。

まず思ったのが、

「車を買い替えるってめんどくさい・・・」

なんだろ、この楽しさより面倒くささが先立つ感覚って。
特に今回は急に訪れたので心の準備が出来てない。

 

3月22日(木)

さて、日本車を買う、ことは決まっている。
どうしようか。そんなに車にお金をかけたくない。
かつ、小さい車であることが必須。
パンダに付けているTHULEのルーフキャリアも引き続き使いたい。

まずは、
街で見かけていて、
もし日本車なら何買うかなーと思っていて、
候補に入っていたのはスズキのイグニス。

買い替えるつもりもない時期から、
次はこれが候補に入るかもな、
と思っていたのは、ほんとイグニスのみ。

あとは夏になれば新しいジムニーも良いかなあ、と思っていたけど
まさかこのタイミングで買替になるとは、、、
なのでジムニーの線は無し。

とはいえイグニス一択、とまでは思いきれないし、
まさか輸入車にしか興味の無かった自分が
よりによってスズキの車を買うのかーと、
なんとなくモヤモヤしながから、
ゆっくりとネットサーフィンしてみる。

メーカーサイトで見た車は、

・イグニス
・VWポロ
・ノートe-POWER
・マツダCX-3
・デミオ
・アクア
・ヴィッツ

まさか自分が買替のガチ検索で、
アクアやヴィッツを見るとは思わなかった。。

続いて、なんとなく

「コンパクト おすすめ」で検索

まさか自分がこんな検索ワードを
入力する日が来るとは思わなかった。。

どれもピンと来ず。

自分が、普通に売れている日本車を
普通に乗るイメージがやっぱり無い。

まあイグニスかなあ。

嫁さんとこんなLINEのやりとりを1回して、
ほぼイグニスとなる。

カテゴリーCARS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です