車買替日記2018 その3

3月24日(土)

クラッチが粉砕してしまった、3代目パンダ。
いつもお世話になているクルマ屋さんから、買取金額の連絡が入った。

査定35万円ー修理代25万=買取10万円。

10万円。。
4年半乗って、走行距離70,000kmのイタ車。
まあ、仕方なし。

お世話になっているし、修理込みなので、
他の買取業者に見積もり取るのも面倒で、この金額で印鑑押した。

さて、
土曜の夕方、近所のスズキのディーラーに試乗に行く。

嫁さんと息子とは昼間は別行動だったので、
ディーラーで集合にした。

先に着いてた二人は、さっそく営業マンから
「クロスビー」を薦められてた。

クロスビーは、ない。
実際はどうか分からないが、
ハスラー人気に乗じて作られるような車は好きになれない。
マーケティング発想の車は
総じて好きになれない。

イグニスの試乗車は準備が無かったが、
担当頂いた営業の方がイグニスで通勤しているらしく、
自家用車を乗せてもらったw

車重軽いわりに、そこそこしっとり感があって、
ステアリングも軽くなく、いきなり好印象。
CVTのフィーリングも、加速時のタイムラグだったり、
ベルト空回り感も少なくて合格点。
走っている途中で、もうこれに決めた!って思う。

マイルドハイブリッドによる加速時のモーターアシストも
フィーリングの違和感はなかった。
けれど、これがどれだけ燃費向上に貢献するかは
何とも分からないね。

試乗から戻り、実はヨソのお店で中古で買おうか
迷っている(実は迷っていない)と伝えると、
当たり前だけど、ガックシされる。
スイマセン、、

そこまであからさまにガックシしなくてもww

狙っている物件をスマホで見せたら、
これには敵いません、と。
さすがに新車価格マイナス50万の新古車には負けますと。
まあ、そうだよね。
その言葉を聞いて、決心がつきました。

3月25日(日)

前の日に電話で予約をして、
さっそくお目当ての中古イグニスのある、
「カーロッツ浜松」へ。

スズキのおひざ元。でも販売店はトヨタ系。

もちろんクルマが無いのでJRとバスを乗り継いでのんびり浜松へ。
結構広い店内だったけど、結構なお客様の数。中古車ショップは
変な敷居の高さもないし、入りやすいね。

ほどなくして担当してくれる営業の方が来てくれて、
スラスラと問題なく商談が進む。

買うクルマはトヨタの品質保証「T-Value」認定車のようで、
保証の話とか、事前クリーニングの話とか、
ちゃんと伝えてくれる。T-Valueの魅力は、
商談後半の、どっちにしようかな、という段階であれば効くかも。

ということで
納車までは2週間以上かかりそうだけど、
車が壊れてから1週間で、一気に車を買いました。

カテゴリーCARS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です