花田菜々子著「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」



出会い系サイト、(←といっても男女関係なく
その人の興味に合わせて30分お話ししましょう、、、)
みたいなマッチングサービスを使って、

たくさん人にあって、その人におすすめの
本を紹介することをずっと続けた、
元ヴィレヴァン店長の女の人の話。

※本の中に出てきたアプリ「X」は、たぶんこのサイト
かなり前からあるみたい。存在知らなかった
「COFFEE MEETING」

自分を新しい環境に無理矢理に置いちゃえば、
自然と成長出来るんだっていう、
ポジティブな青春エッセイみたいな
気分が良くなる本でした。

単純に自分で読んで面白かった本を一方的に進めるのではなく、
相手の悩みとか夢とかの話を聞いたうえで、

その人が興味をもってくれそうな、かつ、まだ読んでなさそうな、
ちょうどいい塩梅の本を薦めるって、
難しいけど、楽しそう。

普通にモノをプレゼントするときって、
相手のことをいろいろ想像するけど、
本だと、それ以上に相手の過去現在未来まで深く考えるから。

ちょっとした自分の好きなことを、
工夫して究めれば、
がっちり自分のフィールドになる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です