名古屋シティマラソン

記念すべき初めてのマラソン大会参加。
何よりこんな自分が参加するようになるくらいだから、参加者数は過去最高だとか。
朝の地下鉄は通勤ラッシュほどの込み具合。人の流れに任せて瑞穂までたどり着いた。
受付からスタートまでの2時間の過ごし方は要領を得ず、ウォームアップするにも時間が空きすぎて、一人さみしく過ごした。こういうのは誰か友人と参加したほうが数倍楽しいわ。
そして10:42に10kmの部がスタート。
号砲すら聞こえない競技場外からのスタートで、スタート地点を通過したのは4分後。そこから環状線に出るまでは大混雑でまともに走れない状況。中央分離帯のブロックに乗って追い抜きを図って軽快に前に出て行った。
やはりお金を払ってでも走る価値はあると感じた。
競争相手がいるから、いつも一人で走るのと比べ自然とペースが上がる。まわりに人がいるとどんどん抜きたくなる性分。なかなかの爽快感。
なにより沿道の応援。なぜか自分が応援されていると感じちゃうのよね。人は応援されると嬉しいものってことを再発見。「お父さん、頑張って~」というたくさんの子供の声を、すべて自分の息子が叫んでると感じて利用させてもらった。
というわけで、思いのほか良いペースで走れた。48分30秒。目標の50分を切れたし、まだまだ余力もあったので次にどこかの大会に出る時は45分超えを目指そうと思う。
そして今春までにはどこかハーフの大会にも出ようと思う。

カテゴリーRUN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です