読書記:蒲田浩毅著「ブリッジマンの技術」

何の気なしに本屋に行って、何となく買ってしまった。
本の内容は、コミュニケーションスキルの紹介本。
他人の価値観や思考習慣(本書では「フレームワーク」と呼んでいた。。。ちょっと違和感あるが)に合わせていき、潤滑なコミュニケーションを図りましょうという内容。
スキル寄りすぎて、ちょっとこういうタイプの本はテンションが下がる。。。
「変えられるのは自分だけ」というフレーズは納得。
このことを肝に銘じ、悪く言えば相手に話を合わせることも必要だと説いていた。
とはいえ、ちょっと人それぞれの部分が多くて、全体的には説得力不足。

ユーザレビュー:
いい事言うなあ。人と …
フレームワークに逆ら …
科学者のコミュニケー …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です