読書記:桶谷功著「インサイト実践トレーニング」

あれ、この本どこで入手したんだっけか。忘れた。会社の本だっけな?
今年に入って、「本は、買わずに読む」という貧乏ポリシーが定着。
自分が有するノウハウやスキルをこうやって体系だてて本にしてみたいなあ。
たいしたスキルがあるわけでないので、それを他人が見て参考になるかは別にして、一度自分のために書き綴ってみたいなあ、と思う。時間に余裕があれば。
さて、著書の中身は、「実践」というだけあって、本当に実践的。
・キーインサイト→プロポジション→ブランドファクトという、インサイト発想の仮説構築の仕方が参考になる。
・僕の思考のクセは、STPだったり、機能ベネフィット→情緒ベネフィット→ブランド価値みたいな感じだったりと、あくまで作り手発想の積み上げロジックで考えがち。
生活者発想のインサイト堀りが足んない。
・なので、いろんなメタファでインサイト仮説をさぐっていく個人ワークの紹介もちょっと参考になる。
「パーティ」「ベンチの隣」「○○の惑星」
・ワークショップのまとめでは、あえて投票をする。多数決で案を決めるのではなく、投票+ファシリテートで、多面的に案に対する意見をさらに引き出すことが可能。

ユーザレビュー:
実践本です。インサイ …
インサイト基本パッケ …
戦略PRを考えるのに …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です