読書記:greenz.jp編「ソーシャルデザイン-社会をつくるグッドアイデア集-

・やりがいをなくした老人と、ハンドメイドのおしゃれを求める若者
・資源と人がある発展途上国と、オリジナルなものを求める若者
・ルールを守ることを楽しいしかけで誘導するfun theory
・パンダが配る2枚のチラシ
・町ぐるみでオープンな子育てを実践する「まちの幼稚園」
・昼間のサッカー遊びが、夜の電力になるサッカーボール
・マイカップ持参で誰かが得するスタバのスタンプ
あちら側の悩みを、こちら側の喜びで解決したり、マイナスをプラスにする発想するだったり、
供給側と需要側の両方の社会的課題を、「アイデア」で解決したり、
そんな事例が紹介されている。
企業の活動は、自社の利益に資するのは当然のこと、
広く社会に価値のあることか?が問われる時代。
最近、自分もこのフィルターを強く意識するようになった。
このキャンペーンは、社会的な意義はあるの?世の中に対する新しい提案になっているの?
と。
「これからの○○」「新しい○○」を意識し続けたい。
あと、「ソーシャルデザインのアイデア3か条」
・サプライズがあるか
・思いやりや愛があるか
・社会問題を一気に解決するか
これは企業プロモーションにおいてもまったく同じ三か条だと思う。
今や一個人も企業も自治体もNPOもみんな同じ。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソーシャルデザイン (アイデアインク) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です