クルマを買った。新型パンダ(2)

ジュリエッタに心を決めるために、アルファの店に行ったその日は、
まさしくその日が三代目パンダの店頭発表会の日だった。6月上旬のこと。
確かうっすら新型パンダのバナー広告は自分に当たっていた気はする。それくらいの意識。
つまり、パンダの新型が出る、という情報は自分なら認識していて当然なことなのに、
その認識がなかった。
それくらい、もうパンダという車が自分の中に無かった。
↓すべて二代目のせいだ↓。。。笑

画像

初代を手放した時は、遠くに行ってしまうのが寂し過ぎて、半ば無理矢理後輩に引き取ってもらった。
あ~、あれずっと今まで乗っていれば良かったなあ、なんて思うこともある。
まあ、それは良いとして、
ジュリエッタに決めようとお店に行ったら、パンダがあった。
基本的なフォルムは二代目譲りなんだけど、
パッと見で、「悪くない」と思ってしまった。
たぶん、瞬間的に、あ、これ買うかも、と思った。
なんとなく。
そういう瞬間のフィーリングってあるよね。ビビビ婚ってほどの衝撃ではないけれど、
なんとなく、これ買うなあ~、って。
念のため、試乗してみた。
500に搭載されて気になっていた「ツインエア」と聞いて、もう心は半分決まった。
試乗の時は嫁さんと息子と営業の方と、
「パンダに4人乗る」っていう現実にはあまりない乗車人数だったけど、全然力不足感じない。
初動のブルブル感はほんと心動いた。結構パワーあるし。
ギアも思ったよりスムーズだし。
何だろうね、ほんのちょっとの差なんだけど、国産には無い「楽しさ」が、圧倒的。
ということで、一瞬で心はパンダに決まった。
あとは色だ。
ブルーか、クリーム色。
どちらもミラーとルーフレールの色を変えてアクセントを付けようと思った。
試乗車がブルーボディにクリーム色のアクセント。素敵だ。
でもクリームボディに赤のミラー&ルーフレールのアクセントも素敵な気がする。迷う。
ということで、翌週。
クリーム色の展示車がある別のお店、アルファ天白に行ってみた。
念のためそのお店でも試乗。2回目。
営業さん同乗せず自由に乗せてくれたので、狭い道やら坂道やら試してみた。合格。
クリーム色はカタログよりもだいぶん色が薄く、やや残念。
でも赤アクセントは自分の中でだいぶん良いアイデアなので捨て切れず。
でもボディからクリーム色だと、内装インパネがなぜかグレー系で寂しい。
結局、運転中ずっと見てるのは内装色なわけだから、
内装色もクリーム系でかわいらしい、ブルーボディでほぼ心は決定。でもまだ迷う。
そして、さらに翌週。
またまた別のお店、アルファ守山へ。
(というか、ここが初代パンダも147も買ってる店なんだけどね)
ここに来たのは、迷ってるブルーとクリームの両方置いてあったから。
そしたら、対応してくれた営業の方が、
去年くらいにナゴヤドームの脇でやってた中古車展示イベントで対応してくれた方で、偶然の再会。
こういう偶然は大事だと思う。今日ここで決める!、と心に決めた。
ブルーとクリーム、ずっと見比べた。思いのほかずっと迷った。
でも嫁さんはずっとブルーが良いと言ってたし、
最後は息子もブルーが気に入ったっぽいので、ブルーにした。
正面の顔はマーチに似ている。
横のフォルムは日産ノートっぽい。
そしてトータルなシルエットはカングーのやや低い版。
たぶん街を走っていてもそんなに目立たないし、新規性は低いと思う。
でもなんか、良いデザインなんだよなあ。キュ!としてて。
気に入った。
伝説となった初代のジルジアーロの直線デザインとはほど遠いけど、
基本シルエットは二代目譲りだけど、
なんか今回のパンダは気に入った。
そしてツインエアが最後の背中を押し、自分を完全に納得させた。
良い買い物をした。

カテゴリーCARS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です