宇田智子著「本屋になりたい」

「本の逆襲」を読んで以来、本屋熱が熱い。長年のぼんやりとした夢、「本屋になりたい」が、ちょっと現実的に考えたりもしちゃうくらい熱い。
ということで、ストレートなタイトルのこの本。
沖縄の牧志公設市場の商店街にある古本屋さんのお話。牧志市場といえば、沖縄に旅行にいったら真っ先に行くところで、カラフルな魚たちがいっぱいでいきなり沖縄感を感じられる場所だわね。あそこいいね。
特色ある場所に本屋を構えるというのは、いいね。
なんかブランディングしやすいというか、色を出しやすい。このお店も沖縄本に特化してるようだし。
沖縄の出版界はある種独特なようで、わりと本州とは一線を画して出版の地産地消みたく、取次商流に乗らずに回っている本も多いようだ。
背伸びせず、無理せず、自分らしく一歩一歩行動してい著者の姿にはとても好感が持てるし、なんか自分も頑張ろうって勇気が湧いてくるような不思議な本だ。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 本屋になりたい: この島の本を売る (ちくまプリマー新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です