宇連山トレイルラン

10月を過ぎても秋晴れというより、
まだ真夏の余韻を残す休日、

友人と二人で、奥三河方面の宇連山へ。

 

東海地方のトレイルランコースを紹介した
ガイドブックでは「初級」と表示されていたが、

結果、だまされた。

ここは、トレイルランというより

普通に登山だった。

こんな穏やかな稜線シルエットなのに。。。

朝7時、県民の森駐車場に車をおき、
キャンプ場のテントサイトの中にある
登山道入り口へ。

コースは「しゃくなげ尾根」から登り、
東尾根、北尾根から山頂へ。
そして山頂から折り返し、
西尾根、南尾根と下りてくる、
地図でいうと、反時計回りのコース。

 

前半の東尾根は、
こんなグーニーズばりの橋があったり、

こんな岩場があったりと、
かなりバラエティーに富んだコース。

でも、基本登り。
足場も不安定で、あまり走る余裕もなかった。

とにかく急登が多い。

この写真ではわかりづらいけど、
ここなんかものすごい傾斜。

この看板の角度が、
傾斜を物語っている。

そんなこんなで、想定時間をはるかにオーバーして、
ようやく西尾根ルートからの合流地点。
ここから山頂まで往復。

ようやく山頂へ。
眺望は南東方面が開けていて、

浜松方面に海が望める

そして分かりづらいけど、
この日が空気が澄んでいて、
遠くに富士山が少しだけ顔を出していた!

ガイドブックでは全行程4時間だったけど、

結果、往路の登りは、ほぼ走れず、
後半の下りも疲れのせいで、ほぼ走れず。

全行程15kmを6時間かかってしまった。

僕のような初級トレイルランナーには、
ちょっと厳しいコース。

気持ちよく駆け下りれるコースではないなー。

カテゴリーRUN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です