酵素プチ断食

在宅勤務のおかげで、朝昼晩と、極めて規則的で健康的な食生活を送れている。ありがたい。

普段の東京単身赴任の食生活は、まあ、基本的に不規則。いうなれば、極めて規則的に不規則。そして、弱いくせにお酒が好き。

さらには胃腸が弱く基本おなかがゆるい。また、体質的にお好み焼きやパンを食べると、体がどよ~んとする。おそらくそれは、遅延型の小麦アレルギーなのか、グルテン不耐症なのか・・・。

ていうことを分かっていながらも、美味しいもの、美味しいお酒を我慢せず摂取し続けているのが日常。

体質的に太らない、というのが大きい。だからこそ、これまでの人生、そこまで食生活を気にせずに過ごしてきた。

ということで、引き続き在宅勤務が続くからこそ、体の細胞を作り変えてしまえ、という欲望に駆られ、嫁さんのアドバイスもあったので、手始めに「酵素を使った軽い断食」を試してみることにした。

参考にしたのは、この本。

酵素の働きによって、腐敗した物質や壊れた細胞を代謝させて、細胞をリセットできる、そうだ。

4/12(日)~4/13(月)予備食2日間
プチ断食は2日間行うのだが、一気に断食すると体調を崩すので徐々に食事を軽くしていく。その期間を予備食という。自分はいつもの食生活が乱れているので、予備食を2日間確保した。まずは朝昼晩、動物性たんぱく質はとらず、ご飯とみそ汁と野菜中心で軽めに。

4/14(火)プチ断食1日目
「プチ」と言うだけあって、完全な断食ではない。効率よく酵素を摂取できるよう、朝と夜の2回、果物や野菜をすり下ろして食べる。
熱を加えると酵素の働きが弱くなるので基本、生で。
あとは水を飲むだけ。

1日目は朝夜とも、大根おろしにしてみた。
・大根5cm分と、セロリ10cmをほどをすりおろす
・味が寂しいので、梅干し1つと味噌と、オメガ3オイルを混ぜてドレッシング代わりに
・あと、オレンジも昼過ぎとか猛烈に空腹になるけれど、我慢できないほどではない。普段から仕事に夢中になって朝から夜まで何も食べないこともあるので、基本慣れっこ。規則的な不規則のなせる業。

4/15(水)プチ断食2日目
この日はバナナとすりおろしリンゴの果物デー。
空腹を紛らわせるべく、在宅仕事は休みにして釣りに出かける。
釣りは時間と空腹を忘れさせるw

これでプチ断食は終了。腹は減るがなんてことはない。

4/16(木)復食1日目
ここからが大事な復食。数日~1週間は動物性たんぱくやお酒は摂らず慎ましく生活することが大事。以外とこの日々が辛い。笑

朝は、すでに気に入り始めた大根おろしに+ご馳走としてオレンジをプラス。これで十分。
お昼と夜も、ごはんは摂らず、サラダをたくさん食べた。

4/17(金)復食2日目
食事量が少ないから当然だが、日曜日から便秘気味だったが、ようやくこの日の朝にウンチが出る。
本には、断食後に老廃物排出のため大量のウンチが出る、と書いてあったが、結局この日も含め、大量のウンチが出ることはなかった。

久しぶりのこの日のウンチも、ちょろちょろって感じ。でも出すって気持ち良い。

4/18(土)復食3日目
体調の良さを一番実感した日。

あれ、首から上が取れた?と感じるくらい、頭が軽い。

逆に、普段は頭はやっぱ思いんだなー、と。そして、頭の中に霧がかかっていてボーッとしている感じがしてるんだなー、と実感。
明らかに、普段は頭の回転が100%稼働していないことを自認した。

そして体も軽い。

そして、匂いを感じる!朝起きたら寝室までコーヒーの匂いが漂う。

なんだんだこれは!これがデフォルトの体なのか、本当は!!

この効果が、
・酵素プチ断食の効果なのか
・単純にお酒を断っている効果なのか
・小麦を断っている効果なのか

どれが一番影響しているのか分からないが、とにかくスッキリ。

4/19(日)復食4日目(お酒復活)
さて、まあいいよね、と思いお酒復活。

しかしながら、ウンチはこのまま2週間は毎日規則的に出続けている。あたまのモヤっと感はいつもの状態に戻ってしまったが、多少はマシになったかも。

当たり前だが人間の体は食べたもので出来ているわけで、食べ物を変化させるだけで、たかが数日で体の感覚はがらっと変わる。

このままずっと毎日を規則正しい食生活にするのは自分としては無理があるので、できる範囲で食生活に気を付けるきっかけとしては大きな意味があった。1年に一回くらいはプチ断食やるの、よいかも。

Comments are closed.