山口周/水野学著「世界観をつくる 『感性×知性』の仕事術」

<iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=mikifish-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=4022516739&linkId=437402164e19d0c6b32928959bfcbc67&bc1=ffffff&lt1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr”>
</iframe>

会社には自由に読むことができる書籍が並ぶオープンスペースがある。そこに山口周さんの本が特集のように並んでいて、つい手にとってしまった。ビジネス書は読みたくないのに。。

しかし、いつも通り「オールドタイプな役に立つオジサン」な自分を鼓舞してくれるから、ついつい読み進める。泣

・・・・・

ビジネス世界においては、「客観的」という言葉はいつだってポジワードで、逆に「主観的」はこれまでであれば真っ先に疑われ、無視されるネガワードだった。

でも、それが逆転した。

ちょっと青臭くて恥ずかしいくらいの純粋な想いを発することが、まったく恥ずかしいことではなくなった。

正解のある問題解決がありふれてデフレ化した時代に、いかに主観的に問いを立てられるか、そのために自分なりのあるべき姿や世界観を純粋に、しぶとく、こだわり抜いて作り上げることができるか。

そんな個人のモチベーションこそが、競争力だと思う。

この本のあとがきに、へえーと思うことが書いてあった。

「マズロー第6の欲求ががあった」説。

それは、第5の自己実現欲求の上に、「自己超越の欲求」があったという説。他者からの賞賛を求めず、自らの理念に基づき没頭する状態。

共通言語を作って仕事を進める「客観化作業」よりも、主観的な好き嫌いに端を発した「没頭作業」にこそ意味がある。

まさに、役に立つ、から意味がある、へ。

<iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=mikifish-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=4022516739&linkId=437402164e19d0c6b32928959bfcbc67&bc1=ffffff&lt1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr”>
</iframe>

Comments are closed.