読書記:宇佐美清著「USAMIのブランディング論」

お仕事でご一緒させていただいた方の本。
シンプルなアウトプットがとても参考になる。
ブランドとか、コンセプトって、こねくりまわすのではなく、超シンプルなアウトプットでいいんだと、気が楽になった。
1.ブランド=人の心の中にある
2.ブランディング=好きになってもらい、買ってもらう、買い続けてもらうこと
3.大事なことは何度でも言うべき。この本では、大事なことは何度も書いてあった
4.7つのブランディングプロセス
(1)今のブランドの状況(現在位置)
  これは1B5Cで(Brand、Consumer、Category、Client、Competiter、Communication)
(2)そのブランドはどこに向いているのか(ブランドの目標)
   コミュニケーションで達成されるべき数値目標
(3)ブランドベネフィット(2つの価値)
   機能ベネフィットと情緒ベネフィット
(4)インサイト(本音)
   
(5)ブランドパーセプションゴール(認知目標)
  ターゲットからどう思われたいか
(6)ブランドパーソナリティ(性格)
  人にたとえたらどんな人?っていう性格
(7)ブランディングアイデア
  ベネフィットとインサイトを結びつけるキーワード
  この先、クリエイティブアイデアへ。

USAMIのブランディング論
トランスワールドジャパン
宇佐美 清
ユーザレビュー:
考える手引きブランド …
頭の中が整理されまし …
よい。素晴らしい。な …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です