読書記:佐藤雅彦・竹中平蔵著「経済ってそういうことだったのか会議」

麻生内閣が給付金問題で迷走しているのでなんとなく再読。
選挙対策としても裏目だし、高所得者は自主辞退を推奨するなど、

なんとも分かっていない方針にあきれるばかり。
この本を手にしたのは6年ぶりくらいだが、
「経済とは『共同体のあり方』という意味である」というキーワードが、
ずっと残っていた。

初読のころは佐藤雅彦さんと同じく、経済とか株とか税金とかに対するイメージは近寄り難いものだった。

税金の意味、アメリカ経済の本質など、今この時代だからこそ改めて読んでためになる内容だった。

ちょっと税金の基礎を勉強してみよ。

ユーザレビュー:
竹中平蔵さん参加 経 …
すっごくわかりやすい …
続編が読みたい日常に …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です