李炳圭

ようやく居なくなる。いやあ、この人ほど、基本的には温かい中日ファンにまで嫌われた選手も珍しい。
なぜ?この嫌われよう。
中日は数年前までアレックス、英智、福留という豪華外野守備陣を誇っていただけに、まずは守備の見劣りがファンをがっかりさせてしまったな。山なりの返球。全速力に見えない、キレのない走り。
打撃にしても、いつまでたっても始動が早く、落ちるボールに対処できない。
結局、3年間、何も変わらなかった。そして「変えようと努力しているように見えない」ところも好感を得られなかった理由だろう。外国人選手らしい底抜けの明るさもなく、割り切った潔さもなく、最後まで何を考えているか分からなかった。
来年は立浪、井上、李炳圭と三人の左打者が消える。
一軍を定着を目指す若手はたくさん居る。
今年以上に楽しみなシーズンになりそうだ。

One Reply to “李炳圭”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です