【ロゲログvol.2】信州上田ロゲイニング2019

ちょうど1年前の大会の回想。
ほとんど忘れたけどw

一緒に参加する友人と前日に出発し、戸倉上山田温泉付近の千曲川の河川敷でキャンプ。

今回は、長野新幹線上田駅の駅前を発着点とした街フォトロゲ。
街ロゲといえど、コースの1/3ほどがトレイルエリアになっていた。当然、得点度外視して、あえてトレイルへと向かう。

「高得点を狙うためのコース戦略」をフラットに考えるのはまだ難しい。
だから「今日はトレイルを必ず走ろう」とか、前回の島田ロゲのように「最高標高地点に向かおう」とか、考える軸を1つ立てればコース戦略はスムーズに進むし、結果的にそれが高得点にも繋がるのではないか、と何となく思っている。

結果は、一緒に出場した友人が途中股関節の痛みでペースダウンしたものの、男子ペアの部2位!(7組中だけどw)

ロゲイニング出場2回目にして賞状をもらうという、変な自信をつけてしまう大会となった。
変な自信がついてしまった要因がもう1つあって、それは成績トップクラスのチームが選んだルートをあとで調べたら、自分たちが辿ったコースとほぼ同じであったこと。つまりコース選択のレベルは上級者並み!ということだ。

あとはやっぱり走力だな。。

Comments are closed.