読書記:眞木準編「ひとつ上のアイデア。」

仕事で眞木準さんとお会いした(といっても、名刺交換)ので、再読。
著名なクリエーターが
・「アイデア」とは何か
・「アイデア」を生み出す思考プロセス
・「アイデア」を生み出す際の方法
といったことの持論を披露している。
ほぼ共通するのは、
・アイデアはゼロからのひらめきや発明ではなく、
・ロジカルに考えた積み上げの延長線であり、
・身の回りにある情報を整理すると必然的に現れるものであったり、
・アイデアは思い出すということ
というもの。そこまでの持っていきかた(思考プロセス)は、それぞれ。
思考プロセスをさらに分けると、
・出発点の出し方
・ロジックをつなげていくプロセス
・自分なりの判断のフィルター
に分かれる。
自分なりのアイデアの出し方(企画の仕方)のプロセスの標準化に取り組もうと思う。

ひとつ上のアイディア。
インプレス
眞木 準
ユーザレビュー:
アイディアづくりの本 …
本質を突くとはどうい …
広告業界以外の人間に …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

One Reply to “読書記:眞木準編「ひとつ上のアイデア。」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です