佐藤尚之著「ファンベース」


さとなおさんのマーケティング本は、必ず新書で出版されている。
「明日の広告」「明日のコミュニケーション」「明日のプランニング」、
そして今回のファンベースも。

理由があるのか知らないが、
これまでのシリーズで語られている内容は、
その時々の一過性のマーケティングトレンドではなく、
極めて普遍的な内容だ。

だから読む側としても新書がしっくりくる。

今回も、例に漏れず普遍的である。

 

■■ファンベースが必然な3つの理由

①ファンは売上の大半を支えるから

②人口減、高齢化、情報過多などの理由により新規客獲得が困難になっているから

③ファンは新たなファンを作ってくれるから

 

■■ファンベースのアプローチ
共感・愛着・信頼。
そして次のステップとしての、熱狂・無二・応援

例えば、総株主の99.5%が個人株主となったカゴメ。
自給自足な応援消費。これはめちゃ強い。

 

■■レタスクラブの法則
個人的には、これはなるほどなーと思った。

みんな自分の価値観や感度に自信がないから
口に出したいけど、出さないってこと、ある。

最近のレタスクラブがいい感じ、という報道が出たとたんに、
急にみんなが口コミのクチを開きだした。

いかに、「みんなそう思うよね」という状態を見せてあげられるか。
マスキャンペーンで露出するのも、その方法のひとつかもしれない。

口に出しやすくする仕掛けとして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です